ステージ

ステージ

『満月の夜、紅茶に映した月をスプーンでそっと崩してひとくち飲むと、紅茶の精が現れ、願いごとを叶えてくれる――。』

96年に「花とゆめ」(白泉社)で連載がスタートして以来、多くの読者たちの心を虜にしてきた大人気作品「紅茶王子」。

ステージ

ステージ

©和月伸宏/集英社

2020年11月3日より上演を予定していたミュージカル版『るろ剣』。
コロナウィルス感染症対策の影響を受け、延期となっていた。

そして2022年5月17日。
約2年 ...

ステージ

ステージ

初の舞台化、ご期待くださり、痛み入ります。

女装した大柄な家政夫・三田園薫が、派遣された家庭・家族の内情を覗き見し、そこに巣食う“根深い汚れ”までもスッキリと落としていく痛快“覗き見”ヒューマンドラマシリーズ「家政夫のミタゾノ」。

ステージ

ステージ

1992年、サードステージのプロデュース公演として初めて上演された伝説の舞台「VAMP SHOW」。
2001年にはパルコ&サードステージ提携プロデュースとしてPARCO劇場にてキャストを一新し、池田成志の演出で上演

ステージ

ステージ

真実は人を幸せにするのか。それとも-。
“近代演劇の父”と称されるヘンリック・イプセンの代表作を上村聡史が演出!

ノルウェーの劇作家ヘンリック・イプセンは、19世紀ヨーロッパで主流とされていたヴィクトリア朝的な価値観―行きすぎた ...

ステージ

ステージ

2013年、トニー賞で最多となる13部門にノミネートされ、作品賞、主演男優賞(ビリー・ポーター:ローラ役)、オリジナル楽曲賞(シンディ・ローパー)、振付賞(ジェリー・ミッチェル)、編曲賞、衣裳デザイン賞の6部門を受賞したブロ

ステージ

ステージ

岩松了の新作は、映画製作の現場を舞台に繰り広げる悲喜劇

日本のチェーホフと呼ばれ、人間の内部で無意識に動く感情を説明的なせりふを排し、物語の核を隠しながらもリアルに生々しく描き出すことに定評のある劇作家であり演出家・岩松了の新作『クラン ...

ステージ

ステージ

堤真一、森田剛、伊藤蘭ら豪華出演者で、アーサー・ミラーの傑作戯曲

『セールスマンの死』(ピューリッツァー賞・トニー賞受賞)、『るつぼ』などで有名な、20世紀を代表するアメリカの劇作家アーサー・ミラーの代表作の1つとされる戯曲『みんな我が ...

ステージ

ステージ

昭和のヒットメーカー向田邦子の最高傑作を舞台化!
阿修羅のごとく業を持ち、右往左往しながらも正直に生きる、とある四人姉妹の物語

『だいこんの花』(1970年)『時間ですよ』(1971年)『寺内貫太郎一家』(1974年)など、数々 ...

ステージ

ステージ

澄み切った青空と爽やかな風を感じるビジュアルにご注目

『恋はつづくよどこまでも』(TBS)、『着飾る恋には理由があって』(TBS)など、近年の人気ドラマの脚本を手掛け、数々の大ヒット作を生み出してきた脚本家の金子ありさ。

青 ...