ステージ

ステージ

Kis-My-Ft2の4人が2チームに分かれて初の舞台主演

鈴木信行著「宝くじで1億円当たった人の末路」(日経BP刊)を原案に、西条みつとし、佐藤友治の脚本で2018年4月にドラマ化されており、それぞれの人生における選択と、最終的にその ...

ステージ

ステージ

ついに“超梅棒らしい”作品が開幕した!

2015 年の「クロス ジンジャー ハリケーン」以来、4年半ぶりにメンバーのみで本公演を行う。
選んだテーマは小学生。
バカバカしさ全開かつ、笑って泣ける、

ステージ

ステージ

戯曲『正しいオトナたち』『人生の3つのヴァージョン』などで世界的に著名なフランスの劇作家ヤスミナ・レザによる3人芝居の傑作『ART』がイッセー尾形、小日向文世、大泉洋によって3月から埼玉・大阪・東京にて上演される。

ステージ

ステージ

岸谷五朗と寺脇康文によって旗揚げされた演劇ユニット「地球ゴージャス」が今年25周年を迎え、祝祭公演として3月10日(火)に舞浜アンフィシアターで幕を開ける「星の大地に降る涙 THE MUSICAL」。

現在、絶賛

ステージ

ステージ

2008年9月、十八代目中村勘三郎の“芸能の街・赤坂で歌舞伎を!”という一言から始まった「赤坂大歌舞伎」。
世話物の傑作『狐狸狐狸ばなし』/松羽目物『棒しばり』は、これまで歌舞伎を観たことがなかった方々の関心をも喚起

ステージ

ステージ

日本でも大変な注目を集めて高い評価を得た、映画「ラ・ラ・ランド」の作詞、「グレイテスト・ショーマン」の楽曲を手掛けた作詞・作曲デュオ、パセック&ポールこと、ベンジ・パセックとジャスティン・ポールが学生時代に生み出し

ステージ

ステージ

水城せとなによる漫画「脳内ポイズンベリー」は、一人の人間の頭の中で擬人化された5つの思考が “脳内会議”を繰り広げるというラブコメディで、この度の舞台化では、脳内会議の議長・吉田を主演の市原隼人が、そして現実世界を生きる携帯

ステージ

ステージ

2005年に坂本昌行主演で上演され、その後2度にわたって再演されるなど、そのパフォーマンスで好評を博した大ヒット作が、日本初演から15年、再々演から12年を経て、2020年に帰ってくる。

の主人公は、1970~8

ステージ

ステージ

渡辺えりとキムラ緑子による、大好評の“有頂天シリーズ『有頂天旅館』『有頂天一座』『有頂天団地』に続く待望の第4弾は、名優・杉村春子に書き下ろされ、平成4年に新橋演舞場で初演、6年に再演され読売演劇大賞・最優秀作品賞を受賞した

ステージ

ステージ

1978年のアメリカ・ニューヨークでの初演以来、世界各地で上演され続けている、アーネスト・トンプソンの名作戯曲

1981年にはキャサリン・ヘップバーン、ヘンリー・フォンダ、ジェーン・フォンダの共演で映画化されて話題を集め、アカデミー賞や ...