ステージ

ステージ

日本演劇界を代表する不朽の名作『女の一生』

昭和20年4月、終戦直前に森本薫が文学座に書き下ろし、杉村春子が初演した『女の一生』。
杉村はその生涯に947回にわたって主人公の布引けいを演じ、観客の圧倒的な支持を得ていた。 ...

ステージ

ステージ

新橋演舞場6月公演としてこれまでに6回行われ、今年も三宅裕司を座長に「熱海五郎一座 新橋演舞場シリーズ第7弾 東京喜劇『Jazzy(じゃじぃ)なさくらは裏切りのハーモニー~日米爆笑保障条約』」を上演する。

これま

ステージ

ステージ

渡辺えりとキムラ緑子による、大好評の“有頂天シリーズ『有頂天旅館』『有頂天一座』『有頂天団地』に続く待望の第4弾は、名優・杉村春子に書き下ろされ、平成4年に新橋演舞場で初演、6年に再演され読売演劇大賞・最優秀作品賞を受賞した

ステージ

ステージ

三宅裕司が座長を務める、新橋演舞場シリーズ第6弾!!熱海五郎一座 東京喜劇『翔べないスペースマンと危険なシナリオ~ギャグマゲドンmission~』の制作発表が11日、都内で行われた。

三宅は、今年1月にスキーで転

ステージ

ステージ

三宅裕司を座長に、渡辺正行、ラサール石井、小倉久寛、春風亭昇太、東貴博、深沢邦之がお客様に“東京の笑い”を届け続ける熱海五郎一座。

翌日からの本番を控えたこの日、新橋演舞場にて報道陣にゲネプロを公開。

ステージ

ステージ

三宅裕司を座長に、渡辺正行、ラサール石井、小倉久寛、春風亭昇太、東貴博、深沢邦之がお客様に“東京の笑い”を届け続ける熱海五郎一座。

6月の公演を前に、ゲストの小林幸子と三宅率いるビッグバンド「三宅裕司&Light

ステージ

ステージ

お客様が心の底から本当に面白いと思える東京の喜劇”軽演劇”を上演しよう、”東京のお笑い”を継承しようと2004年に伊東四朗を座長に旗揚げした「伊東四朗一座」。
伊東のスケジュールの都合で参加が出来ない時は「熱海五郎一座」として ...