<コラム>地元のおばちゃん達の温かさに触れる毎日 ~とある妙高高原の風景~

イベントお出掛けした気分

2016年7月13日。
「今日からお世話になります斉藤です。よろしくお願いします。」

震えた声で始まった勤務初日。
友人も知人も誰1人いない土地でした。

右も左も分からなくて、ただただ黙々と仕事をしてきました。

自分の為だけに、ただ黙々と。
人と目を合わせられなかった私は、いつも下をむいていました。
でも、お部屋の清掃をするにはそれが丁度よかったんです。
そんなある日、地元のおばちゃんから言われた言葉。
「おまんは私の息子だから。」

その言葉が耳に入った時。
思わず上を見上げました。
そこには、優しさで満ちたおばちゃんの笑顔がありました。
自然と目を合わせられました。
何の不安もなく、まっすぐに。

ただただ、嬉しかった。
涙が溢れそうになるのを堪えて、誰もいない場所で泣いていました。

ここから見える朝を、iPhone越しで撮る時だけは、まっすぐに前を見つめていられた自分。

あの日以来、私の中で何かが変わりました。

自分の為だけに生きようとしていた私が、誰かの事を考えられるようになっていきました。
いつも挨拶を返してくれてありがとう。
それだけで、素敵な1日が始まって。
いつも心配してくれてありがとう。
それだけで、また頑張ろうって。

こんな自分を、温かく受け入れてくれた新潟のおばちゃん達へ。
言葉で直接伝える事が苦手だから、文章にして贈ります。
お母さん。
そんな風にいつも思ってます。
ありがとう。
私の素直な気持ちです。
2016年7月10日の深夜。
山形から東京へ向かう夜行バスの中。
ずっと眠れずに、固くまぶたを閉じていました。
強く強く、片道切符を握りしめながら。
 
 
あれからもうすぐ1年が経とうとしています。
私はここで、今を幸せに生きています。
どうかどうか、あなたの今日1日も幸せでありますように。

Write & Photo by @saito2japan

[kanren postid="4459,3968″]