[13日AM更新版]今年は大ピンチ!?「ふたご座流星群」13日夜に国内6ヶ所&台湾より生中継!-ウェザーニュース

© Weathernews Inc.

★このページは、冒頭の日本地図(見えるかなマップ)がウェザーニュースにて更新され次第、画像を差し替え見解を更新してまいります。


[13日AM追記]
12日更新版 (c)Weathernews Inc.

12日更新版 (c)Weathernews Inc.

見えるかなマップが更新されました。
 
「チャンスあり」の分布は12日AM更新版と比べると、本州が全滅に・・・。
水戸、いわき、仙台の時系列天気予報は夜間から翌朝にかけて「雨icon」が並んでいますので難しくなってしまったようです。
 
ただ、宮崎県日南市の天気予報は夜間に晴れたり曇ったり、未明からは晴れの予報。
北海道釧路市では、夜間から翌朝まで「晴れicon」が並んでいます。
これはかなり期待できますね!

(※天気予報はウェザーニュースタッチ10:50確認より)

[12日AM追記]
11日更新版 (c)Weathernews Inc.

11日更新版 (c)Weathernews Inc.

見えるかなマップが更新されましたが「チャンスあり」の分布は11日更新版の状況と変わらずのようです。
やはりかなり厳しそうですね。

 

 


株式会社ウェザーニューズは、しぶんぎ座流星群、ペルセウス座流星群とならぶ三大流星群のひとつである「ふたご座流星群」を今年も生中継すると発表した。

毎年流星が多く出現しており、一晩中楽しめるのが特徴の「ふたご座流星群」だが、今年は文字通り”雲行き”が怪しいとのこと。
低気圧や前線が通過し、雨や雪が予想されるため、全国的に難しそうです。
同社の山下裕也気象予報士は11日23時30分のお天気番組「SOLiVE24」内で「北海道東部はチャンスあり、東北地方南部や関東地方北部はそれぞれの気象予測モデルで雲の広がり方にバラつきがあり、場合によっては難しくなるかもしれない」とコメントした。
今年は【月明かりが邪魔をするため、月から遠い方向の空をなるべく広く見るように観測するのがおすすめ】としているが、月明かりすらも拝めないかもしれません。

毎年SOLiVEスター「ふたご座流星群特別番組」と題して中継を行っており、流星をたくさん捉えすぎて小さい流星は放送に載らないほどなのだが、今年はその1つでも貴重なものになるのか。
今回発表当時のプレスリリースでは「全国7カ所から生中継」としていたが、あまりにも天気が悪すぎてそのうち1カ所を台湾に移して臨むことになった模様。

全国的に天気が悪いうえ、雲が消えれば満月間近の月明かりが邪魔をする。
曇っても晴れても条件が悪くなってしまった「ふたご座流星群」を果たして見る事ができるのか!

当日は「SOLiVE24」にて「ふたご座流星群」を生中継!各種動画サイトで配信

(c)Weathernews Inc.

(c)Weathernews Inc.

SOLiVEスター「ふたご座流星群特別番組」は、ウェザーニュースのウェブサイトの他、ニコニコ生放送、YouTube Live、LINE LIVE、Periscope、FRESH! by AbemaTV、Facebookライブ動画など各種動画サイトでご覧いただけます。

第一部(21~23時)は21時からタテ型動画にて放送

第一部配信はYouTube Live、LINE LIVE、Periscopeのみ行い、スマホ視聴者向けのタテ型動画による番組配信になります。
【YouTube Live】 https://www.youtube.com/watch?v=yb30ajlA4s4
【LINE LIVE】 https://live.line.me/r/channels/659/upcoming/198738

第二部(22~25時) ※LINE LIVEのみ23~25時

【YouTube Live】 https://www.youtube.com/watch?v=GvresHPyLLU
【LINE LIVE】 https://live.line.me/r/channels/659/upcoming/198751
【FRESH! by AbemaTV】 https://freshlive.tv/weathernews/65753

流星の感動の瞬間がスマホに届く“流星キャッチャー”

(c)Weathernews Inc.

(c)Weathernews Inc.

“流星キャッチャー”は中継で捉えた流星の動画が3分以内にスマホにプッシュ通知で届くサービスで、スマホアプリ「ウェザーニュースタッチ」の『星空 Ch.』から登録できます。
「ふたご座流星群」の流星特別番組の時間帯(13日21~25時)は、ウェザーニューズのスタッフが国内外7ヶ所の流星中継をモニタリングし、流星が確認されると同時に動画を編集して、登録している方のスマホにプッシュ通知でお届けします。
プッシュ通知から開いた画面では、流星の動画をすぐにご覧いただけ、どこにいても流星観測ができます。
今回は雲の広がるエリアが多いので、 “流星キャッチャー”のエリア設定を「全国」に登録しておくと、観測条件が良い場所で捉えた流星動画をほぼリアルタイムに楽しむことができます。

「流星キャッチャー」の登録は?

スマホアプリ「ウェザーニュースタッチ」をダウンロード後『星空 Ch.』からアクセス

「ふたご座流星群」とはどんなものなのか?

(c)Weathernews Inc.

(c)Weathernews Inc.

三大流星群のひとつ「ふたご座流星群」は、数ある流星群の中でも流れる数が最も多く、中継でも毎年たくさんの流星が観測されています。今年のピークは14日朝9時頃と予想されており、観測には前日13日の放射点が空高くに昇る21時以降がおすすめ。
(条件が良ければ、1時間に40個以上見られる流星群のだが、、、)

気象会社が「天気じゃないイベント」を開催し、全国から人が集まるその理由-ウェザーニュース「大感謝祭」レポート

2016.12.11