読売交響楽団チェリスト渡部玄一が織り成す本格的な演奏と朗読劇の新たな融合!水夏希、新納慎也が出演するストーリー・コンサート『クララ-愛の物語-』2019年12月上演決定!

世界的に有名なドイツの2人の天才作曲家ロベルト・シューマンとヨハネス・ブラームスと彼らを愛し、支えたクララ・シューマンの物語を読売交響楽団のチェリスト渡部玄一が生み出した本格的な演奏と朗読で構成したかつてないスタイルの公演は、昨年長野県上田市において初演し、大変大きな反響と多くの再演を要望する声が届き、12月12日(木)によみうり大手町ホールにおいて上演されることがきまった。

前作をさらにブラッシュアップ!クララ、シューマン、ブラームスの3役を朗読者2名で演じ分ける

クララを演じるのは元宝塚男役トップスターの水夏希。
退団後も確かな表現力でミュージカルをはじめ、様々な舞台で活躍している。そしてシューマン、ブラームスの2役を演じるのは数々のTV、舞台、そしてミュージシャンとしても精力的に活躍をみせている新納慎也。
音楽と愛に命を懸けた3人の壮大な半生をよりドラマチックに演じ、音楽と演劇が融合して編み出されるかつてない公演となる予定だ。クララは厳格なピアノ教師フリ-ドリッヒ・ヴィークの次女として生まれ、ピアニストとしてその才能を開花させながらも、シューマンの妻として共に愛し合い、支え合い、そしてブラームスとは生涯に亘り、崇高な結びつきで共に人生を歩んだ。

クララとシューマン、そしてブラームス。才能たちが出会い、愛し合い、そして音楽に命を懸けた3人のものがたりは今なお、輝かしい光を私たちに放ち続けている。

2019年はクララ・シューマンが生まれて200年にあたり、その記念すべき年に上演される。

曲リスト

第1部 ロベルト

▼シューマン
・「あなたに初めてお会いして以来」
 歌曲集『女の愛と生涯』作品42-1 詞:シャミッソー(ソプラノ、ピアノ)
・幻想小品集 作品73-1(チェロ、ピアノ) 
・交響的練習曲よりⅷ(ピアノソロ)
・「クライスレリアーナ」より第1曲(ピアノソロ)  
・「ウィーンの謝肉祭の道化」よりインテルメッツォ(ピアノソロ)
・「献呈」
 歌曲集『ミルテの花』作品25-1 詞:リュッケルト(ソプラノ、ピアノ)
・「くるみの木」
 歌曲集『ミルテの花』作品25-3 詞:モーゼン(ソプラノ、ピアノ)

▼ブラームス
・ハンガリー舞曲 第5番(ヴァイオリン、チェロ、ピアノ)

第2部 ヨハネス

▼シューマン
・「トロイメライ」『子どもの情景』作品15-7 (チェロ、ピアノ)

▼ブラームス
・「エドヴァルト」 ピアノ曲『四つのバラード』作品10-1 (ピアノソロ)
・「永遠の愛について」 歌曲集『四つの歌』作品43-1 詞:ヴェンツィヒ(ソプラノ、ピアノ)
・ヴァイオリンソナタ第2番イ長調 第1楽章(ヴァイオリン、ピアノ)
・ピアノ三重奏曲第1番ロ長調 第1楽章(ヴァイオリン、チェロ、ピアノ)  

※曲目は変更になることがあります。

ストーリー・コンサート『クララ-愛の物語-』

構成・演出

渡部玄一

出演

水 夏希(クララ役)
新納慎也(シューマン/ブラームス役)

演奏

岡田 愛(ソプラノ)鷲見恵理子(ヴァイオリン)渡部玄一(チェロ)白石光隆(ピアノ)

会場

よみうり大手町ホール

日時

2019年12月12日(木) 14:00開演 / 18:00開演

公式サイト

http://www.tokyo-eg.com/

チケット一般発売

2019年10月12日(予定)

お問い合わせ

MItt:03-6265-3201(平日12:00-17:00)

主催・製作

東京アンサンブルギルド
インプレッション

ものがたり

1819年9月13日、ピアノ教師フリードリッヒ・ヴィークの次女としてクララは生まれました。
クララは幼少の頃より、ピアニストの才能を発揮し、天才少女としてその名は広まりました。
やがてヴィーク氏は一人の青年を弟子にとります。
青年の名前はロベルト・シューマン。
大学で法律家を目指しますが音楽の道を諦めきれず、ピアニストを目指します。
しかし、指のケガがもとで断念、作曲家を目指すようになりました。
やがてクララとロベルトは互いに愛し合いますが、これに気付いた気難しく厳格なヴィークは二人を遠ざけます。
ヴィークの二人に対する誹謗中傷はさらにエスカレートし、ロベルトはヴィークを名誉棄損で訴えます。
そして2人結婚を許可する判決が下り、晴れて2人は結婚しました。

2人が結婚して13年の歳月が経ちました。
そしてクララはピアニスト、ロベルトは作曲家として確固たる名声を手に入れました。
2人はお互いに支え合ってきましたが、ロベルトは疲労から神経が衰弱していき、外部との接触を拒むようになりました。
さらに病状は悪化し、彼の名声は落ちる一方でした。
そんな中、知人の紹介で訪問してきた若きヨハネス・ブラームスが自作のソナタをピアノで弾き始めると、ロベルトの顔に喜びの光が射しました。
ロベルトはヨハネスのために「新しい道」と題した論評を発表しました。
ロベルトの厚意に深く感謝したヨハネスは、彼の最も忠実な弟子となり、シューマン一家に明るい日差しを持ち込んだかのようでした。
しかしロベルトの心の病は、密かに肥大していったのでした。

1854年2月、ロベルトはライン川に身を投げました。
数年来、ロベルトを悩ませていた幻聴がいよいよ耐え難いものとなり、その後、療養施設に収容されました。
知らせを聞いたヨハネスは急いで駆け付け、身重だったクララとシューマン家を助けました。
こうした中でヨハネスとクララの距離は縮まり、2人の間には好意以上の感情が芽生えました。
入院の2年半の間、ロベルトはあれほど愛していたクララとの面会を頑なに拒みました。
次第に自分を失い、時として獣のようにわめき散らす自分の姿を見せたくなかったのかも知れません。
病院から危篤の知らせが届くと、クララは2年半ぶりに愛する夫の元に駆けつけました。
そして不自由な体でクララを抱きしめるのでした。クララが到着した日から翌々日、ロベルトは永遠の眠りにつきました。
 
ヨハネスはその後、ヨーロッパを代表する大作曲家となりました。
またクララも演奏家としてその名声を不動のものとしていきました。
2人は強い愛情で結ばれ、時には夫婦のように、家族のように、また同志として、ロベルトの死後40年にわたって絆を深めていったのです。
そんな2人にもやがて別れの時が訪れるのでした-。