<地球ゴージャス旗揚げ25周年記念インタビュー>第4部「『星の大地に降る涙 THE MUSICAL』主役・新田真剣佑」

岸谷五朗・寺脇康文 インタビュー第4部「『星の大地に降る涙 THE MUSICAL』の主役・新田真剣佑」

今作では『THE MUSICAL』とミュージカルを全面押しにしていますが、この経緯を教えてください。

岸谷)はじめは「愛すべき未来へ」あの名曲ひとつでストレートプレイを作ってる感覚だったの、10年前。
だけど、そこには肉体的に必要なのは絶対に立ち回りだったんだけど。

今回は作りとして、言いたいセリフとかを全部歌にしてというミュージカルになっていて、それぞれの役がそこを訴えかけたい、一番強いところは音楽。
音楽として作ろう、ミュージカルとして『星の大地』が蘇るという思いで今回の脚本が出来ているんだ。

前回の時は、ミュージカルの意識は全く無かった。
まぁ、ミュージカルの定義って無いからね。

でも今回は確実にミュージカルかな。
楽曲は新曲もいっぱいあるし。

ミュージカルということで、楽曲が多くなるのではないかと思われますが、元々は同じ劇団員だった大崎聖二さんが作られる楽曲に関して、どんな感想をお持ちですか?

岸谷)あいつはね、ラジオに出てた頃(1990年10月8日~1994年9月30日放送、TBSラジオ「岸谷五朗の東京RADIO CLUB」で外中継を担当)とかは「POPEYE(ポパイ)」しか読んでなかったの。
もう、情報大好きだったの!
学校にいるガリ勉、くだらない情報を全部知ってるやつ。
自分で発想するんじゃなくて、雑誌の情報が頭に入ってて、ものすごい努力家なの。
音楽も色んな音楽の勉強をして、今の大崎がある。

勉強をしていったガリ勉に、自分の才能がくっついてきて、花開いてる。
もともとの秀才君がじゃなければ、今の大崎は居ないかな。

だから、何でもいい奴なんだよ(笑)
中継やってろって!(笑)

寺脇)大崎は音楽監督だけど、稽古場くると「大崎、エアコンの温度下げて」って(笑)

岸谷)(爆笑)パシリ!岸谷)才能がくっついてきて、いまあいつは良いよ!
芝居に負けない曲を作るからね。
作曲家として。

寺脇)前回の『星の大地』の時に、色んな場面で色んな曲が必要になって、大崎を稽古場に呼んだ時に、あるシーンで五朗ちゃんが「じゃあここでジョンレノンのイマジンを流して」って。
それで芝居を合わせてやって、すごい良いシーンになったの。
でもイマジンは使えないじゃない。
だからそれが終わった時に五朗ちゃんが大崎に「はい、これを超える曲を作ってきて」って言うんだよ。

岸谷)(爆笑)

寺脇)あいつ泣きそうになってたんだよ。

岸谷)「ビビビ、ビートルズですか?」って(笑)

寺脇)「これを超えるんですか?」って(笑)
でもあいつは、ちゃんと超える曲を作ってきたからね。

岸谷)良い曲を作ってくるんだよ!

役者は正直だからさ、イマジンを大音響で流すと芝居が良い訳よ、良い曲だから。
つまらない曲だと芝居が悪くなる。

でも大崎が作ってきた曲は良いものだったから、本番もすごい良かった。

前回のビジュアルと比べると、今回のビジュアルでは人数が増えています。脚本は書き換えているとおっしゃられていましたが、今回の思いを教えてください。

岸谷)作品は今の時代のテーマにすごくリンクしていてジャストだなと思っていて、それがすべてかな。

本来は「愛すべき未来へ」1曲だけでいいと思っていた作品を、よりエンターテイメントにして歌で綴ってミュージカルに仕上げている。

それに対して力を持っている役者が全部集まったので、相当のレベルアップにはなっていると思います。

前回公演「ZEROTOPIA」に続いて、新田真剣佑さんが出演され、主演を務めますが起用の理由は?

岸谷)あのシャチというあの純粋な役は、絶対に真剣佑がやるべき役だなと思っていて。
真剣佑の肉体的にも何もかもすべて舞台に上がる要素を持っているすごい素材なので、あいつは舞台俳優としてまだまだどんどん大きく伸びる男だと思っているから、この作品を通過した時には、あいつはまた大きくなっていると思うし、もちろんこの作品ですごい力を出すと思う。

今回の作品にかける思いなどをお聞かせください。

寺脇)作品としては前回と根底の部分は同じなんだけど、俺と五朗以外はキャストが全員違うから誰一人同じ人が居ないんですよ。
なので、まったく新しい形にはなると思うし、曲も多いし、あとは祝祭公演というお祝いなんだけど今出来うる限りのベストと尽くして、その次の新作に向けての一歩になるような作品にしたいと思ってます。

あとは、自分でも楽しみなのは、前回と同じ役をやるので、自分がどうなるのなかって。
あの時、11年前と同じじゃん!って思うこともあるだろうし、「表現的に上手くなってるな」って思うところもあるだろうし、どうなっているかまったく分からない。
肉体的にも「後ろ回り蹴り」が出来ないととか、分からないけど。

11年経った自分がどんな感じなのかを知ることが個人的には楽しみです。

---貴重なお時間をいただき、ありがとうございました。


ダイワハウスSpecial 地球ゴージャス二十五周年祝祭公演『星の大地に降る涙 THE MUSICAL』

作・演出

岸谷五朗

主題歌

EXILE「愛すべき未来へ」

出演

新田真剣佑 笹本玲奈
松本利夫(EXILE) 湖月わたる 愛加あゆ 島ゆいか
猪塚健太 松浦 司 大平峻也 大嶺 巧

碓井菜央、原田 治、神谷直樹、おごせいくこ、田口恵那、砂塚健斗、加藤真央、大音智海、咲良、鈴木百花、織 里織、高木勇次朗、Sarry、杉山真梨佳、青山恵梨子、神田朝香、内木克洋、田邉浩仁、髙城 徹、筑紫珠楽(和太鼓)、佐藤史織(津軽三味線)

森公美子
岸谷五朗・寺脇康文

チケット一般発売日

2019年11月9日(土)午前10:00~

東京公演 全35ステージ

▼公演期間:2020年3月10日(火)~4月13日(月)▼会場:舞浜アンフィシアター
▼チケット料金:タバラシート¥13,500/S席¥12,500/A席¥9,000(全席指定・税込)
※タバラシートは、より近くで臨場感・一体感を味わえるシートとなります。
 会場の都合上、一部見えづらい場面が発生する可能性がございます。あらかじめご了承ください。
※未就学のお子様はご入場いただけません。ご了承ください。
※車いすでご来場予定のお客様は、あらかじめご購入席番を下記チケットスペースにご連絡ください。

▼プレイガイド
 ・チケットぴあ:https://w.pia.jp/t/cg/
  0570-02-9980(Pコード不要)【11/9(土)10:00~23:59のみ特電】
  0570-02-9999(Pコード:496-058)【11/10(日)以降】

 ・ローソンチケット:https://l-tike.com/chikyu/
  0570-084-632(Lコード不要)【11/9(土)10:00~23:59のみ特電】
  0570-000-407【11/10(日)以降】(オペレーター対応:10:00~20:00)
  (Lコード:35388)

 ・イープラス:https://eplus.jp/chikyu/

 ・LINEチケット:https://ticket.line.me/sp/chikyu-gorgeous25th

 ・チケットスペース:https://ticketspace.jp/
  03-3234-9999(オペレーター対応)

▼チケットに関するお問い合わせ
 チケットスペース:03-3234-9999
▼主催:株式会社アミューズ 

大阪公演 全14ステージ

▼公演期間:2020年5月3日(日祝)~5月14日(木)▼会場:フェスティバルホール
▼チケット料金:S席¥12,500/A席¥10,500/B席¥8,500(全席指定・税込)
 ※未就学のお子様はご入場いただけません。ご了承ください。
 ※車いすでご来場予定のお客様は、あらかじめご購入席番を下記キョードーインフォメーションにご連絡ください。

▼プレイガイド
 ・チケットぴあ:https://w.pia.jp/t/cg/
  0570-02-9500(Pコード不要)【11/9(土)10:00~23:59のみ特電】
  0570-02-9999(Pコード:469-389)【11/10(日)以降】

 ・ローソンチケット:https://l-tike.com/chikyu/
  0570-084-653(Lコード不要)【11/9(土)10:00~23:59のみ特電】
  0570-084-005【11/10(日)以降】
  (Lコード:57516)

 ・イープラス:https://eplus.jp/chikyu/

 ・CNプレイガイド:https://www.cnplayguide.com/chikyu/
  0570-08-9977【11/9(土)10:00~23:59のみ特電】
  0570-08-9999【11/10(日)以降10:00~18:00】

 ・LINEチケット:https://ticket.line.me/sp/chikyu-gorgeous25th

▼チケットに関するお問い合わせ
キョードーインフォメーション:0570-200-888(全日10:00~18:00)
▼主催:株式会社キョードーグループ

STAFF

作・演出:岸谷五朗
演出補:寺脇康文
音楽:高木茂治 大崎聖二
美術:土屋茂昭(TSUCHIYA CO-OPERATION)
音響:武田安記(エス・シー・アライアンス)
照明:磯川敬徳(東京舞台照明)
映像:石田 肇 
電飾:小田桐秀一(イルミカ東京)
衣裳:鷲頭マコト
ヘアメイク:宮内宏明
振付:原田 薫 大村俊介(SHUN) 藤林美沙
殺陣:島口哲朗(剱伎衆かむゐ)
歌唱指導・コーラスアレンジ:大嶋吾郎
演出助手:森田香菜子
舞台監督:藤井伸彦

宣伝美術:東 白英 戸水康介 中根かな子(WHITE Phat Graphics)
宣伝写真:HIRO KIMURA 島津 明
宣伝映像:石原史香(SCENE) 松本智恵(ENNET)
マーチャンダイジング:齋藤 綾 渡辺ひとみ 
宣伝:山本尚子 柴崎公毅 蛭子野裕也 株式会社ディップス・プラネット
票券:株式会社インタースペース 
制作:伊藤宏実 永田フネ 山浦依里子 福島美咲
プロデューサー:小見太佳子 多田里奈 
特別協賛:大和ハウス工業株式会社
企画・製作:株式会社アミューズ

公演に関するお問い合わせ

地球ゴージャスFC:03-5457-3485 (祝日を除く月~金 15:00~18:30)

LINKS

公演オフィシャルサイト:https://www.chikyu-gorgeous.jp/25th/


<地球ゴージャス旗揚げ25周年記念インタビュー>観客動員100万人突破&800回を超える公演数も「別に数字に思い入れはない。800通りの芝居をやって800回みんなに楽しんでもらったっていうことかな」次作『星の大地に降る涙 THE MUSICAL』についても熱く語る

2019.10.11

<地球ゴージャス>新田真剣佑の舞台初主演作。時の犠牲者となった青年が覚醒めた!新演出版キャストたちが結集した1分36秒のプロモーション映像が解禁!

2019.09.02

新田真剣佑が舞台初主演!岸谷五朗・寺脇康文の「地球ゴージャス」次回作『星の大地に降る涙 THE MUSICAL』ついに全キャスト及び公演詳細発表!主題歌は引き続きEXILE「愛すべき未来へ」

2019.07.18

岸谷五朗・寺脇康文が主宰する演劇ユニット「地球ゴージャス」結成25周年を祝し、あの名作が蘇る!全キャスト刷新『星の大地に降る涙 THE MUSICAL』主題歌はEXILE「愛すべき未来へ」

2019.03.25

<制作発表>三宅裕司「地球ゴージャス?岸谷と寺脇でしょ?センスはこっちの方が上!」熱海五郎一座『翔べないスペースマンと危険なシナリオ~ギャグマゲドンmission~』5月より上演

2019.03.12

<ライブレポ>まもなく3億円!「Act Against AIDS」から「Act Against Anthing」へ!僕たちは続けます!Act Against AIDS 2018「THE VARIETY 26」~遂に!俳優だけの武道館ライブ!!…大丈夫なのか~~!?

2018.12.02

<岸谷五朗・寺脇康文インタビュー>岸谷「やってきたことは無駄ではなかった。だから今年も開催出来る、開催する、しなきゃいけない、って繋がっていく感じかな。」岸谷五朗と寺脇康文が考えるAct Against AIDS(アクト・アゲインスト・エイズ)「THE VARIETY」(ザ・バラエティー)

2018.11.13

WキャストxW特典映像のDVD4枚組豪華版!岸谷五朗と寺脇康文が主宰する演劇ユニット「地球ゴージャス」最新作『ZEROTOPIA』2019年1月23日発売決定!

2018.11.09

<ゲネプロレポ>藤林美沙プロデュース「CHARGE LIVE vol.25『OUT』」

2018.09.18

開幕まであと1ヵ月!地球ゴージャスプロデュース公演Vol.15『ZEROTOPIA』岸谷五朗&寺脇康文「Wゴローでお楽しみに!」<公開稽古>

2018.03.09

<イベントレポ>岸谷五朗「本当に素敵なメンバーが集まってくれた」、地球ゴージャス プロデュース公演Vol.15「ZEROTOPIA」制作発表

2017.12.06

Act Against AIDS 2017「THE VARIETY 25」岸谷五朗も寺脇康文も三浦春馬も大黒摩季もピコ太郎もふなっしーも高橋優も西川貴教もみんなでコラボ!

2017.12.02

【AAA2016】岸谷五朗&岸谷香 初共演、三浦春馬&小池徹平 大熱唱、大黒摩季 総立ち「ら・ら・ら」

2016.12.03