ラスボス再降臨!メガ幸子はここから生まれた!熱海五郎一座・新橋演舞場シリーズ5周年記念「船上のカナリアは陽気な不協和音 ~Don’t stop singing~」制作発表会

お客様が心の底から本当に面白いと思える東京の喜劇”軽演劇”を上演しよう、”東京のお笑い”を継承しようと2004年に伊東四朗を座長に旗揚げした「伊東四朗一座」。
伊東のスケジュールの都合で参加が出来ない時は「熱海五郎一座」として活動している面々。

毎年必ず公演を打ち、2014年からは新橋演舞場に進出している。

今年は進出5周年を記念し、最近では”ラスボス”と称される小林幸子をゲストに迎え、三宅裕司を中心としたいつものメンバーが返ってくる。
一座を結成して14年。これまで14作を上演し35万人以上の観客を動員している人気シリーズ。

熱海五郎一座・新橋演舞場シリーズ5周年記念「船上のカナリアは陽気な不協和音 ~Don’t stop singing~」の制作発表会が7日、都内で行われた。

制作発表を行った会場は、出演者が一言発するごとに笑いがおき、終始和やかな雰囲気で包まれていた。

出演者紹介

MCを務めるニッポン放送の新保友映アナウンサーによって、爆笑のキャスト紹介が行われた。
ちなみに、時間の関係で自己紹介が長いと新保アナが強制的にベルを鳴らすと前置きされていた。

三宅裕司

新保)熱海五郎一座の座長として、一筋縄ではいかないメンバーを引っ張るこの方。
今年で創立39年を迎える劇団スーパー・エキセントリック・シアターの主宰者であり、今回の公演で生演奏する16人編成のビックバンド「三宅裕司&Light Joke Jazz Orchestra」のバンマスでもあります、神田神保町生まれの江戸っ子、三宅裕司さんです。

三宅)今日は沢山お集りいただきありがとうございます。
この熱海五郎一座は伊東四朗一座が最初だったんですけども、そこから10年やり、10年目に新橋演舞場に進出しまして、そこから今回で5周年。
熱海五郎一座・新橋演舞場シリーズ5周年記念としてあるんですけれども、ビックバンドもですね10年以上前に作りましてずっと活動してるんです。
あまり表に出てないんですけれども、ひっそりと活動しておりまして、いつかこの東京の笑いに必要なかっこいいレベルの高い音楽と洗練された笑いを合体した公演をやりたいと思っておりまして、新橋演舞場シリーズ5周年記念ということで松竹の皆さん、そして制作にもお願いして予算を割いていただきまして「ビックバンド出してくれよ!」といって、何とかビックバンドが出ることが出来まして、その分、小林さんのギャラを少し安くさせていただきました(笑)
エンターテイメントのレベルを上げるために、そういう話し合いも上手くいきました。

そういった意味でも今回は要素の多い最高の東京喜劇が出来ると思っております。
東京喜劇って定義はそんなに無いんですけども、とにかくバカな事をやりながらも音楽やダンスのレベルが高い、カッコイイものをやって、すべてで感動と笑いをお届けする。

もちろんストーリーも、それぞれのメンバーが同じくらいの重さを持って、ひとりひとりにドラマがある、裏がある、そういう台本を作るのは本当に大変なんですけど、作家と一生懸命作ってます。
そうしないとみんな酔っぱらって絡んでくるんですよ。
そこは相当上手くいっているので、ストーリーは言えないんですけど、1分に1度は爆笑をとっていこうと。
そして最終的には涙を流すくらいの感動で終わりたいと、それが東京喜劇だと思っております。

そういう意味では、今回ビックバンドが出るということ+音楽のレベルを上げるという意味では、もう小林幸子さんしか居ないんですよね。
演歌歌手でしかもビックバンドジャスにすっと入っていける、そしてお笑いが大好き、その辺がすべて持っていらっしゃる方だという事で小林さんにお願いをしました。

メンバーそれぞれは、ひとりで笑わせられるだけの腕を持っている人たちですから、その一人で笑わすセンスは私が全部抑えてですね、この熱海五郎一座のセンスで笑わせていこうと。
爆笑の連続で感動できる、そして音楽のレベルが高い、その他にダンスとアクションが入って、最高のエンターテイメントを。
いままでの中での最高のエンターテイメントが出来ると思っておりますので、ぜひ若い人たちにも見てもらいたいと思っております。

渡辺正行

新保)コント赤信号のリーダーにして、数々の若手芸人を育てて、三宅さんとは明治大学の落研の先輩後輩の間柄。
遅刻常習者の62歳、今年は何度オンタイムで登場するのでしょうか?渡辺正行さんです。

渡辺)コラコラ!
私はですね、今回は豪華客船に乗って大スターである小林さんの後援会の政治家、そこまでは私も把握しているのですが、それ以上はほとんど把握していません。
三宅さんの頭の中にすべてストーリーがあるということで、私が知っている中ではそういう状態でございます。
でも三宅丸に乗ればですね、きっと無事で安全な航海が出来るんじゃないかと思っております。

勿論、稽古もいたします。
稽古をしないと私自身が”後悔”します!(会場から拍手が)
私からは以上でございます(笑)

ラサール石井

新保)ドラマやバラエティーで活躍する一方、数々の舞台を演出・出演もし、舞台人としての才能も発揮。
最近、忘れ物が多い。今日は携帯を持ってきているのでしょうか?ラサール石井さんです。

ラサール)今日は携帯を忘れておりませんです。でも2日前にですね、芝居を観に行った劇場の客席にジャケットを忘れまして、今朝着払いで届きました(笑)
私の場合、忘れ物は多いのですが、大体戻ってくるのでチャラかなと思っています。

演出としましてはですね、ただいま赤坂アクトシアターでミュージカル「HEADS UP!」が絶賛上演中でございます。
こちらの方も宜しくお願い致します。

演出を色々とやっておりまして、ほとんど喜劇なんですけれども。
普段、喜劇をやっていない人、あるいはやってても喜劇役者ではない人たちを演出するとなると、笑いをどう取るかというために、この人が笑の間を取っている時にこっちで動いたら目が散るからダメだとか、
それから息を合わせろとか、あるいは前の人のフリの言葉が小さかったらすぐ大きな声で反芻して言えとか、そういう事をいちいち言うんですけども。

今日のこのメンバーはですね、立稽古の初日からそれが何も言わなくても出来る。
喜劇役者としては当たり前なんですけど、なかなか出来ることではなくて、それを分からない人に口で伝えようとしても難しいんですよね。
このメンバーは何も言わなくても出来るので、とってもやりやすい状態でございます。

これをどのように苦労しているかを皆さんにお伝え難いんです。
ただ見た方はそんな苦労は分からずに、「バカやってるよ」「バカだねー!」と言われるのが真の喜劇ということでございますので、今回もバカを主に渡辺さんにやっていただいて皆さんに笑っていただきたいと思います。

小倉久寛

新保)劇団SETの爆笑王にして唯一無二のキャラクター。
今回は船が舞台ですが、実際に1級小型船舶の持っている世界中どこにでも行ける船長、小倉久寛さんです。

小倉)船長です、どうも。
今回は大型客船の船長役みたいなのです。

僕はあまり意思が無くてですね、この世界に入って40年ちかくになるんですけど、船に乗っているのが好きで、風まかせ波まかせ、三宅さん任せでこの30何年間来まして、おんぶに抱っこ。
三宅さんの大きな船というか、大きなビニールハウスの中に入って、どうなることやら分からないですけれど・・・(チーン)

--話がまとまらず、新保アナにベルが鳴らされ会場は爆笑の渦に。

春風亭昇太

新保)軽やかでオリジナリティー溢れる芸風。
実力と人望を兼ね備えた落語芸術協会の理事。
高座や落語会に笑点の司会、趣味の山城に大忙しの毎日。
いったいいつ婚活をしているのでしょうか?春風亭昇太さんです。

昇太)毎年楽しみにしている熱海五郎一座の季節がまたやってきました。
僕が働いている職場というのは、おじいさんが多くて、活気がないんですね。
でも熱海五郎一座の皆さんはよく動くし、元気いっぱいで良いなと思ったんですが、それは最初の頃の話で(笑)
最近、全員どんどん年を取ってきていて、動きなんかも鈍くなってきているんですね。
だから、お付き合いするのがだんだん面倒くさくなってきたんですけども。
そうは言うものの、普段ひとりで演じているものですから、皆さんと一緒に一つの物を作るという事が出来るというのはですね、すごく楽しくて、リフレッシュの場所にもなっております。

今回は、音楽性を高めるっていうことなんですね。
そういう意味において、私、音楽でオーダーを受けておりまして。
なので、熱海五郎一座が音楽的に上手くいくか行かないかは、僕にかかっているのかなと。そんな風に思っています。

三宅)まぁ、カットっていう手もあるけどね。

昇太)稽古の段階で無くなるってこともあるかもしれないので、皆さんぜひ稽古場にお越しください(笑)

東貴博

新保)一流のお笑いのDNAを引き継いだお笑い界のサラブレット、東京の爽やかな笑いがキラリと光ります。
最近、家族と休日を楽しむために別荘をお探しの様です。
下町のプリンス、東貴博さんです。

東)どうも皆さん、お金持ちです。
確かにいま別荘を探してるんですけども、金持ちって言いながらうっかりして別荘だけまだ買ってなかったんですね。

私この一座は33歳の時から携わっておりまして、今年で48歳。
僕は18歳で欽ちゃんのところに行ってから、今年で30年になるんですね。
だから今年は自分の中でも節目なので、この舞台の中では前説を担当しておりまして、間違えなく5分前には出てくる。
そこだけ毎年時事ネタといいますか、自分でちょっとしたことを考えてやっているんので、30年の気持ちを前説でぶつけていきたいと思っております。

あとはですね、三宅さんの言う通りにすべてやっていきたいと思いますので、僕は人の言う事をきくのが昔から上手で、欽ちゃんの言う事をきき、伊東さんの言う事をきき、三宅さんの言う事をきき、それでここまでやってきました。
人の言う事を聞いていれば金持ちなれるんです。
私からは以上です(笑)

深沢邦之

新保)この熱海五郎一座には5回目のご出演で、東さんとの交互出演になります。
去年も奥様が観にいらしてくれなかったとか。
今年こそ、身に来ていただけるのでしょうか?深沢邦之さんです。

深沢)微妙な空気を醸し出すコメントありがとうございます。
5年目なので皆さんに比べれば熱海五郎一座の参加回数は圧倒的に少ないのですが、街で声を掛けられるんです。
郵便局に行って「熱海五郎一座みました」と言われたり、駐車場の人に言われたり。
テレビじゃないのに「舞台を観た」という声を聴くって、それだけ多くの方に観ていただけてる舞台なんだというのを痛感しています。

今年は三宅さんが音楽に力を入れるということなんですけども、雰囲気が違いますね。
去年は、この記者会見の前の楽屋ではですね、ほとんど「あそこが痛い」「ここが痛い」って病気の話しだったのですが、今回は違いました。
人生のプチ事件を言って爆笑しながらみんなで明るく過ごす。これは前向きに楽しめる舞台になるなと思ってますので、それを体現できるべく、三宅さんの言う事だけきいて頑張ります。

小林幸子

新保)お待たせいたしました!今回の豪華ゲストをご紹介いたします。
歌手、女優、プロレスラー。そして若い世代からは”ラスボス”と称され、いったいいくつの顔をお持ちなのか。
そして、今回はどんな顔を見せてくれるのでしょうか?
熱海五郎一座・新橋演舞場シリーズ5周年にして、真打登場!小林幸子さんです。

小林)熱海五郎一座に出演するのは2度目でございまして、最初は伊東四朗一座・熱海五郎一座合同の公演を2009年に青山劇場でやらせていただいたんですが、今回が2回目。
そして新橋演舞場の公演は毎年拝見させていただいておりまして、もう爆笑でございます。
どこか心の中で「呼んでもらえるかな?」なんて思っていたんですが、今回お話をいただいて本当に嬉しいです。

私がデビューしてお会いしたのがエノケンさんだったり、三木のり平さんだったり、レギュラーでご一緒させていただいていたのがてんぷくトリオさんでした。
伊東四朗さんから極意というか色んなことを教えて頂いて、その中で「喜劇というのは、きちんとしたお芝居があって、その上に成り立つもの。それが出来ない人は喜劇は出来ない」と教わりました。
セオリーはもちろんあるんですが、そういう事だよと。

この前やられていた伊東四朗さん三宅さんお二人のコントライブを拝見しましたが、お二人とも天才、名人二人の舞台でございました。
ほんとにすばらしく、色んな意味で勉強させていただきました。

熱海五郎一座、何がスゴイかと言いますと、稽古場がこんなに楽しくて良いんだろうか?っていうくらいです。
昇太さんが噛んだりするとみんなでツッコんだりして本当に仲が良くて、楽しい稽古がまた始まるんだなと思うとワクワクしております。

記者会見

いよいよこの季節がやってきましたね

三宅)そうですね、やっとそう言ってもらえるようになりました。
毎年6月はこのシリーズで熱海五郎一座というのが定着してまいりまして、嬉しく思っております。

今年は豪華なゲストが出演とのことで

三宅)えぇ!ビックバンドが出て、しかもジャズをやるので、演歌も歌えてジャズも歌える人ということで、小林さんに是非やっていただきたいと。
笑いがまた好きなんですよ、バカなことをやるのが。

小林)あはははは。なんで知ってるんですか?

オファーが来たときはどんな気持ちでしたか?

小林)すごく嬉しかったです!
毎回拝見していて「オファー来ないかな」なんて思ってた時にお話をいただいて、すごい嬉しかったです。

小林さんが歌う時の衣装が楽しみですね

ラサール)幸子さんと言えば、衣装ですもんね。
前に青山(劇場)でやった時は(2009年:伊東四朗一座・熱海五郎一座合同公演)、巨大小林幸子がね、すごいのが出てきました。

三宅)あれから紅白(歌合戦)のね。

小林)はい、アイディアをいただいて。あれのもっと大きいものを。
あれは三宅さんのデザインといってもいいくらいで。

三宅)それ、ちゃんと書いておいてくださいね(笑)

メガ幸子はあの後、新潟に展示してありましたよね?

小林)ありました、ありました。そうなんです。

三宅)今回はどうなるかですね?

小林)そうですね、楽しみにしています。

では最後にPRを

三宅)新橋演舞場で5周年ということで、小林さんに来ていただいて、ビックバンドが出て、そしていつものメンバーみんなが爆笑のネタを持ってますので、爆笑しながら歌で感動してアクションもあって、ダンスもあって、最後に感動できるお芝居ですから、絶対に面白いものになると思いますので、若い人も是非観に来ていただきたいと思います。

熱海五郎一座・新橋演舞場シリーズ5周年記念
「船上のカナリアは陽気な不協和音 ~Don’t stop singing~」

吉高寿男

出演・構成・演出

三宅裕司

出演

渡辺正行、ラサール石井、小倉久寛、春風亭昇太、東 貴博(交互出演)、深沢邦之(交互出演)

ゲスト出演

小林幸子

会場

新橋演舞場

日程

2018年6月1日(金)~28日(木)

料金(全席指定・税込)

1等席 11,000円
2等席  9,000円
3階A席 6,000円
3階B席 2,800円
桟敷席 12,000円

チケット

2018年3月25日(日)チケット一般発売開始

◆チケットホン松竹
0570-000-489 または 03-6745-0888 (10:00~18:00)

◆チケットWeb松竹:http://www1.ticket-web-shochiku.com/pc/
(24時間受付/発売初日は10:00~)
※チケットWeb松竹で購入するには、事前にユーザー登録(無料)が必要です。

◆チケットぴあ:http://w.pia.jp/t/atamigorou/
<発売日特電>0570‐02-9922 (3/25 10:00~23:59)
<発売2日目以降>0570-02-9999(Pコード:484-423)

◆ローソンチケット:http://l-tike.com/atamigorou/
<発売日特電>0570-084-635 (3/25 10:00~23:59)
<発売2日目以降>0570-084-003(Lコード:33250)
0570-000-407(オペレーター対応 10:00~20:00)

◆e+:http://eplus.jp/atamigorou/
ファミリーマート店内 Famiポートからも購入可能

◆CNプレイガイド:http://www.cnplayguide.com/
<発売日特電>0570-08-9911(3/25 10:00~23:59)
<発売日2日目以降>0570-08-9999(オペレーター対応 10:00~18:00)

制作協力

株式会社アタリ・パフォーマンス

主催・製作

松竹株式会社
株式会社アミューズ

あらすじ

かつて一世を風靡した演歌歌手の千夜子は、バカンスの為にパトロンの政治家と豪華客船に乗船する。
船内には、船長や副船長の他に常駐のバンドのバンマスや天才外科医、そして訳ありの観光客などが居合わせ、トラブルの予感を漂わせている。
密室と化した船内で、各々の秘密が複雑に絡み合う。
歌あり、ダンスありのゴージャスなエンターテインメントショーを織り交ぜてのタイタニックにしてオリエント急行な群像爆笑喜劇!乞うご期待!!

伊東「劇場を出る時の”面白かったね”の一言が一番の誉め言葉です」伊東四朗 魔がさした記念コントライブ『死ぬか生きるか!』公開稽古&囲み会見

2018.01.31

<Act Against AIDS 2017「浅草寄席」Vol.9>おSET隊、初披露「リーダーを見習います!」「じゃ、コーラの早飲みから!」

2017.12.03

<Act Against AIDS 2017>浅草寄席 Vol.9開催決定!出演は小倉久寛、渡辺正行、ラサール石井、小宮孝泰、山口良一など

2017.10.20

三宅裕司「今回は劇団の世代交代公演みたいにしている」。本日開演!劇団スーパー・エキセントリック・シアター本公演『カジノ・シティをぶっとばせ!!』公開稽古&囲み会見

2017.10.13

劇団スーパー・エキセントリック・シアター 第55回本公演「カジノ・シティをぶっとばせ!!~丁半コマ揃いました~」10月13日より上演

2017.07.11

【AAA2016】小倉久寛「書類審査で落として!」、ラサール石井と漫才披露

2016.12.04