<囲み取材&公開稽古>精神病院での、ある24時間。成河、千葉哲也、章平による権力、エゴ、人種の偏見をめぐる会話劇 「BLUE/ORANGE」が本日開幕!

「BLUE/ORANGE」は、ロンドンの精神病院での、ある24時間を描いた、境界性人格障害の診断を受けて入院していた1人の患者と、2人の医師によって織りなされる手に汗握る会話劇。

イギリスで2000年に初演後大きな話題を呼び、ウエストエンドでの上演、BBCでドラマ版の放映、そして2010年には日本で初演され、成河は第18回読売演劇大賞最優秀男優賞を受賞している。

今回は、翻訳を新たにし、新演出で上演。
翻訳を手掛けたのは、数々の演劇賞を受賞している小川絵梨子、そして、千葉哲也が演出を務め、俳優としてはロバート医師を演じる。

出演は、初演で患者の青年・クリストファー役を演じた成河が、本作では研修医・ブルース役に。
そして今回新たに出演する目覚ましい躍進を遂げる若手実力派・章平が、青年・クリストファー役を演じる。

初日公演に先駆け29日、上演されるDDD青山クロスシアターにて公開稽古と囲み取材が行われた。
4月28日(日)まで、同所にて上演される。

公開稽古

ストーリー

ロンドンの精神病院。
境界性人格障害のために入院していたアフリカ系の青年クリストファー(章平)は、研修医ブルースによる治療を終えて退院を迎えようとしている。

しかし研修医ブルース・フラハーティ(成河)には気がかりなことがあり、退院させるのは危険だと主張していた。
上司のロバート・スミス医師(千葉哲也)はそれに強く反対し、高圧的な態度で彼をなじる。

納得のいかないブルースはクリスへの査定を続け、器に盛られたオレンジの色を問う。
彼はそのオレンジを「青い」と答えた――。

囲み取材

本日初日を迎えますがお気持ちは如何ですか?

千葉)まだなんとも。。。
稽古を何度もやってきたので、どうなることやら、当たって砕けろな感じじゃないですか。
長い芝居でセリフも多いんで、お客さんと一緒に楽しめればいいかなと思います。

成河)あまり実感が無いですね。
珍しいんじゃないですかね。すごい飾り飾ったショーアップしたステージじゃないので、ずっと稽古している感じですね。
たぶん千秋楽までずっと稽古を舞台上でしている感じだと思います。章平)はじめての感覚なんですけど、言葉を借りるならば「ずっと稽古をしている感じ」っていうのは繋がった感じがしたんですけど。
不安が無い不安というか。

成河)なるほどね。

章平)どうなんだろ?今の気持ちは。ちょっと言葉に表せないですね。

成河)緊張感を持ちなさい!(笑)

章平)緊張感はあります!

3人の役柄はどんな感じですか?

千葉)基本的には自分に正直であって、間違っていない3人です。
意見の食い違いがずっと出ているけど、誰が正義で誰が悪とことではない。

成河)共感の仕方は様々だと思うので、完全に誰かに肩入れして観ていくことなる気がします。

章平)(クリストファーは)寂しがり屋ですか(笑)
ずっと理解してほしいんでしょうね。自分におかれている環境の事とかも知っているだろうし、でもいろんな人に認めてもらいたいと思っているような人間だと思います。

千葉)社会で生きるっちゃ、大変だってことですよ。

成河)それを大人なフリした二人も最後は思い知るというお芝居です。

舞台『BLUE/ORANGE』

Joe Penhall

翻訳

小川絵梨子

演出

千葉哲也

出演

成河 千葉哲也 章平

日程

2019年3月29日(金)~4月28日(日)

会場

DDD青山クロスシアター

料金

7,800円(全席指定・税込)

お問合せ

チケットスペース:03-3234-9999