<ゲネプロレポ>藤林美沙プロデュース「CHARGE LIVE vol.25『OUT』」

4~7月まで約3か月の間、地球ゴージャス プロデュース公演 Vol.15『ZEROTOPIA』に出演していた藤林美沙。
藤林がプロデュースしているCHARGEの最新公演CHARGE LIVE vol.25『OUT』が大塚・萬劇場にて行われた。

今回の公演では、トップダンサーの原田薫や、数多くの舞台や映画の音楽を担当している大崎聖二を迎え入れ、また、タップダンサーの洞至とSAROが加わったことで、さらに作品の厚みが増えていた。

芝居・ダンス・歌・TAP、さまざまなパフォーマンスを披露し続け、観る者を引き付けまくった舞台に仕上がっていた。

CHARGE LIVE vol.25「OUT」ゲネプロレポート

いつか、世界中の人たちが喜ぶ飛び出す絵本を作ろう!
私たちなら、それが出来る!

高校生のエリは親友のフジコと絵本作家を志し、上京する。
しかし上京後、フジコはこの世を去ってしまった。

左:フジコ=藤林美沙、右:エリ=谷えりか

「あの時、フジコを誘わなければ」
大人になったエリは、いまでもずっと後悔している。

とある日、エリの前に『青紫式部』と名乗る人物が現れる。
青紫式部は、タイムトラベルして現代にやってきたと言うのだ。

右:青紫式部=武者真由

疑いながらもエリは過去に連れていってほしいと青紫式部にお願いし、2人が高校生だった時代にタイムスリップ。そして、親友のフジコと再会する。物語は、二人が作った飛び出る絵本を再現。
4編のストーリーを展開する。

エリとフジコが作った飛び出す絵本には、言えなかった思いや伝えたい思いを込め、子供だけではなく大人にも伝えたいメッセージを載せていた。

星作りの3姉弟

小さな世界の時の声

赤鬼と白鬼

言葉を失った魔法使い


CHARGE LIVE vol.25「OUT」

演出・構成・振付

藤林美沙

脚本

吉谷光太郎

出演者

町田慎吾、原田薫、武者真由、野田裕貴、SARO、洞至、松本藍果、谷えりか、藤林美沙

日程

2018年8月26日~9月2日(全10ステージ)

劇場

大塚・萬劇場

音楽

大崎聖二

舞台美術

松生紘子

音響

武田安記

照明

森規幸

舞台監督

橋本加奈子

写真撮影

関谷のびこ

宣伝ヘアメイク

たなべこうた

宣伝美術

寺山享佳

アシスタント/制作

飯島有紗

制作

谷えりか / 辻美和

制作補

浦田雅世

企画・制作

CHARGE

CHARGE PROFILE

CHARGE 公演記録

VOL.1『舞踊戦隊/ショウファイブ』
VOL.2『龍宮~文明の記憶~』
VOL.3『光のオルゴール』
VOL.4『color』
VOL.5『Route66』
VOL.6『時時~jiji~』
VOL.7『The YU-GI』
VOL.8『RYUGU』
VOL.9『SAKURA』
VOL.10『D』
VOL.11『The YU-GI RETURNS』
VOL.12『SHOW7』
VOL.13『Chan Chan』
VOL.14『Chan Chan RETURNS』
VOL.15『Express 零』
VOL.16&17『アイ』
VOL.18『OUT』
VOL.19『CHARGE×227』
VOL.20『snow』
VOL.21『CHARGE×227』
VOL.22『FOR YOU』
VOL.23『snow~returns~』
VOL.24『Look Back!』

脚本:吉谷光太郎

演出家・脚本家。大阪府出身。ポリゴンマジック所属。
高校在学中より、劇団ひまわり大阪俳優養成所に入所。
その後、大阪シナリオスクール、伊丹想流私塾を卒業し、主に人気漫画の舞台化で東京、大阪を中心に人気を博す。
2015年刊行の芸術評論紙『ユリイカ』にて、「2.5次元舞台をまかせたら、今一番の信頼度」と称される。
ミュージカル、コント、アクション物など、様々なジャンルをこなし、近年は、吉本新喜劇や人狼ザ・ライブプレイングシアター、ライヴ演出など幅広い活躍を見せる。

演出・構成・振付:藤林美沙

CHARGE代表。
出演はもちろんのこと、脚色・演出・構成・振付と全てを手掛ける。
ライブ感を大切にし、エンターテイメント性の高いステージを創り続ける立役者。
CHARGE以外でも、ミュージカルなどのステージで舞台女優として活躍する。
また、振付家としてもミュージカル作品の振付だけでなく演劇ユニットの公演やCM・イベントなどでの活躍の場を広げている。

出典:CHARGE HPより

<主な出演作品>
・CHARGE VOL.1~VOL.24
・THE CONVOY SHOW『PENGUINZA』(青山劇場、日生劇場他)
・『FAME』(東京芸術劇場他)
・『TITANIC』(東京国際フォーラムCホール)
・『プロデューサーズ』(青山劇場)
・『NEVER GONNA DANCE』(東京国際フォーラムCホール)
・東宝クラシカルミュージカル『眠らない音』(青山劇場他)
・ミュージカル『スーザンを探して』(シアタークリエ)
・地球ゴージャス『星の大地に降る涙』(赤坂ACTシアター他)
・『タップジゴロ』(博品館劇場)
・地球ゴージャス『X day』(銀河劇場他)
・劇団EXILE W-IMPACT『レッドクリフ』(ルテアトル銀座)
・地球ゴージャス『海盗セブン』(赤坂ACTシアター他)
・吉本百年物語『笑う門には大大阪』(なんばグランド花月)
・舞台『BASARA』(全労済スペースゼロ)
・朗読劇『夜話し』
・ミュージカル『SONG WRITERS』(シアタークリエ他)
・地球ゴージャス『クザリアーナの翼』(赤坂ACTシアター他)
・地球ゴージャス 20th ANNIVERSARY GALA CONCERT(舞浜アンフィシアター)
・cx『ホンボシ~心理特捜事件簿~』第8話ゲスト出演
・坂本昌行ソロコンサート『ONE MAN STANDING』(文化村オーチャードホール)
・BSプレミアムドラマ『鴨川食堂』第8話出演

<近年の主な振付作品>
・CHARGE公演全24作品
・ミュージカル『アプローズ』(前田美波里主演)
・地球ゴージャスproduce公演『星の大地に降る涙』『Xday』『海盗セブン』『クザリアーナの翼』『20th anniversary gala concert』『The Love Bugs』(岸谷五朗・寺脇康文主宰)
・資生堂エリクシールプリオール女優編CM
・サンリオピューロランド主催音楽バラエティ『Pure D☆E presents It’s ShowTime!!』
・大阪HIROZ ショーパフォーマンス『一期一会』『WAGAHAI』『DEAR』
・演劇ユニットAxle公演『西遊記』『贋作、宮本武蔵』
・T.M.Revolution 15th anniversary×サンリオピューロランド20th anniversary『Thousands Morning Refrain~僕らの夜明け~』(西川貴教主演)
・舞台『BASARA』(高月彩良主演)
・劇団EXILE W-IMPACT『レッドクリフ』(EXILE AKIRA主演)
・大地真央ディナーショー
・ミュージカル『SONG WRITERS』(屋良朝幸主演)
・CROSS GENE公演『CROSS SHOW’”ZEDD”』(CROSS GENE主演)
・ミュージカル『VAMP~魔性のダンサー ローラ・モンテス~』(黒木メイサ主演)
・中山優馬ソロコンサート振付サポート
・ブロードウェイ・ミュージカル『Kinky Boots』(三浦春馬・小池徹平主演)振付補
・『シェイクスピア物語~真実の愛~』(上川隆也・観月ありさ主演)
・ミュージカル『キューティ・ブロンド』(神田沙也加主演)
・音楽喜劇『のど自慢~上を向いて歩こう~』(森昌子主演)

LINKS

CHARGE HP:http://chargenet.petit.cc/
Twitter:@chargelive2001

藤林美沙Twitter:@33_fujibayashi
藤林美沙Instagram:misa.fujibayashi

10月からの舞台「愛と青春キップ」にSnow Man岩本照・渡辺翔太・阿部亮平がトリプル主演。
藤林美沙が演出・振付を担当

10月25日~11月11日に東京・オルタナティブシアター、11月17~18日に京都・京都劇場で上演される舞台「愛と青春キップ」の演出・振付を藤林美沙が担当する。
ジャニーズJr.でSnow Manの岩本照・渡辺翔太・阿部亮平がトリプル主演。

▼2018年10月25日(木)~11月11日(日)
 東京公演:オルタナティブシアター

▼2018年11月17日(土)~18日(日)
 京都公演:京都劇場

■脚本:モトイキシゲキ
■演出・振付:藤林美沙
■公式サイト:https://www.aitoseishunkipp.com/

地球ゴージャスに出演中の藤林美沙が旗揚げしたCHARGE。最新作『OUT』が8月に大塚にて上演!

2018.05.07

開幕まであと1ヵ月!地球ゴージャスプロデュース公演Vol.15『ZEROTOPIA』岸谷五朗&寺脇康文「Wゴローでお楽しみに!」<公開稽古>

2018.03.09

<イベントレポ>岸谷五朗「本当に素敵なメンバーが集まってくれた」、地球ゴージャス プロデュース公演Vol.15「ZEROTOPIA」制作発表

2017.12.06