<野村周平インタビュー>「好きなものを追求していく大切さが自分を助けてくれるので、それを伝えたい」人気ラッパーANARCHY初監督作品『WALKING MAN』10月11日全国公開

ひとりの底辺の青年がRAPと出会って自分の人生を変えていき、自分を成長させていくストーリーに注目してほしい

人気ラッパーのANARCHYが初のメガホンをとった話題の映画『WALKING MAN』が10月11日(金)に新宿バルト9ほかで全国公開されるのを先駆けて、アトムを演じる主演の野村周平がインタビューに応えた。

元々は友達だったというANARCHYと野村の関係性や演じた「アトム」について、そして自身「野村周平」についての今後を話している。

一言一言丁寧に語り、最後には映画を通して自らの思いを語ってくれた。

主演:野村周平インタビュー

ANARCHY監督はこの作品がデビューとなり、これまで関わってきた監督とは違った演出があったではないかと思いますが、いかがでしたか?

野村)初監督だったので、自分も戸惑っていたんですけど、監督が芝居をつける時は具体的な指示はなく「もう一回やってみて」と言われることが自分にとってわかりやすくて良かったなと思いました。

初めて監督する彼を見て、初心を忘れないでおこうっていう気持ちになりました。

ANARCHY監督とはもともとご友人同士だったとの事で、この映画について構想などは聞かされていたのでしょうか?

野村)そうですね。本が出来る前から聞いてました。
何となくですけど「映画やるんやで~」みたいな話は聞いていました。

その時に、アドバイスなどはされていたんですか?

野村)いやいやいや。
「ちょい役でいいので出させてください」とは言いましたけど、アドバイスなどは全然しませんでしたね。

野村さんが演じたアトムという人物は、野村さんから見てどのような印象をお持ちでしたか?

野村)アトムは心の優しい青年って感じですね。
やっぱりあれだけ家族思いで、妹のためだけに働きに出たりとか、自分の身を削ってあそこまで出来る子はなかなかいないと思うので。
本当は強い子だとは思いながらやっていました。

アトムはセリフが少なく、顔やしぐさでの感情表現は大変でしたか?

野村)吃音のところの役作りは、慣らしていくのが大変でしたけど。
その場面場面がリアルな表情で出来る空気感だったので、やり易かったですし、それは感謝してます。

アトムは、RAPというアイテムを手に入れて成長していく姿を映し出していますが、野村さんはアイテムを何かお持ちですか?

野村)そうですね、自信とかじゃないですかね。
根拠の無い自信ですけど(笑)

俳優というアイテムを得て、”表現できている”という点ではいかがですか?

野村)俳優は違う人になるというか、架空の自分でやるので、伝えられることは少ないのかなって思います。
RAPよりは確実に少ないと思いますね。

ただ、役を通して何か自分の思いを伝えることは出来るんじゃないかなと思います。

野村さんはこれまで多くの作品を作られてきていますが、これまでの作品の中で自身の成長を感じたと思うものはありますか?

野村)どの作品も色が違うので、それぞれ成長の仕方が違いますね。

これから俳優としてこんな役をやってみたいというものはありますか?

野村)いまは何でもやれたらいいなという気持ちですね。
“壁ドン”をやるような役はやりたくないですけど(笑)

アトムはRAPと出会って成長していった話ですけど、誰かの人生を変えられるような作品に巡り合えたらな嬉しいですね。

この映画に関わるまでは野村さんはRAPをやられたことが無いとのことで、それまで言葉遊びのようなこともされることはなかったんですか?

野村)たまにフリースタイルRAPみたいなものを友達とやったりはありましたけど、自分がANARCHYさんの曲をかけて勝手に歌ってた方が断トツに多かったですね。

実際にRAPをやってみて、いかがでしたか?

野村)難しかったです。
だけどやっぱり楽しいと思えたのが一番ですね。

自分の為の曲ではなく、アトムの曲をアトムが歌っているので、その点では難しかったですけど、人を通してもあのようなステージに立ってRAPが出来たのは良い経験でした。

映画の中のアトムは、その後どのように生きていると思われますか?

野村)ちゃんとRAPを続けていてほしいなと思いますし、その経験を活かしてRAPを歌って今度は人を変えてあげられる番になっているんじゃないかなって。

最後に、作品を観られる方にメッセージをお願いします。

野村)この映画はポスターだけ見ると、ラッパーが有名になっていくような話に思われがちですけど、そうではなくてひとりの底辺の青年がRAPと出会って自分の人生を変えていき、自分を成長させていくストーリーなので、そこに注目して見て頂けたらと思います。

RAPじゃなくてもいいんですけど、ひとつ好きなものを見つけると自分を助けてもらえると思っていて、自分の場合はスケボーとかバイク、車とかBMXなど、好きなものを追求していく大切さ、それが時に自分を助けてくれるので、それを伝えたいです。

映画『WALKING MAN』

10月11日(金)、新宿バルト9ほか全国公開

CAST

野村周平 優希美青 柏原収史 伊藤ゆみ 冨樫 真 星田英利 渡辺真起子/石橋蓮司

監督

ANARCHY

脚本

梶原阿貴

企画・プロデュース

髙橋ツトム

主題歌

ANARCHY “WALKING MAN”(1% | ONEPERCENT)

制作プロダクション

ブロードマークス

配給

エイベックス・ピクチャーズ

製作

映画「WALKING MAN」製作委員会

LINKS

Official Site:https://walkingman-movie.com/
Twitter:@walkingmanmovie
Instagram:walkingman_movie

CAST PHOTO

佐巻アトム役:野村周平

佐巻ウラン役:優希美青

山本さん役:柏原収史

キム・ヘジョン役:伊藤ゆみ

佐巻真由美役:冨樫 真

柳下勝弘役:星田英利

福本光代役:渡辺真起子

汪さん役:石橋蓮司

© 2019 映画「WALKING MAN」製作委員会