玉城ティナ主演、坂東龍汰、堀田真由、望月歩、柄本時生などフレッシュで個性豊かなキャストが出演!第6回「ドラマ甲子園」大賞受賞作品『受験ゾンビ』10月放送

14歳で雑誌「ViVi」の最年少専属モデルとなり、女優としても現在公開中の映画『Dinerダイナー』や、9月に公開予定の映画『惡の華』のヒロイン役など、各方面で活躍中の玉城ティナが主演を務める!

CS放送フジテレビONE/TWO/NEXTが高校生を対象に募集した脚本・演出家才能発掘プロジェクト、第6回「ドラマ甲子園」の受賞作品が先日発表され、愛知県在住の伊藤佑里香さん(18歳)の『受験ゾンビ』が見事大賞を受賞した。

舞台は山奥にある高校。
受験を控えた三年生の夏休みに、文化祭の準備のため、主人公のあかりが登校してくるところから物語は始まり、次々にゾンビ化していく生徒たちを描きながら、受験に対する悩み、苦しみなどあらゆる感情を切り取ったリアルな現代の高校生たちの人間ドラマに仕上がっている。

フレッシュかつ個性あふれるキャスト


勉強ができる優等生タイプの主人公・野口あかり役を演じるのは、玉城ティナ。あかりに好意を持つ無難に生きたいタイプの同級生・深瀬玄役を演じるのは、映画『十二人の死にたい子どもたち』などに出演している坂東龍汰。あかりの友だちで人には言えない癖を持つ加藤瀬那役に、ドラマ『3年A組-今から皆さんは、人質です‐』などに出演していた堀田真由。同じくドラマ『3年A組-今から皆さんは、人質です‐』などに出演していた望月歩は、その瀬那への思いがストーカー的な浅野匠役を。水泳部で推薦を狙っている小林優香役には、舞台『奇子』などに出演した駒井蓮。優香と同じ水泳部の仁科琴美役に、映画『そうして私たちはプールに金魚を、』など出演の湯川ひな。同級生の真紀と付き合っている足立竜一役は、連続テレビ小説『べっぴんさん』などに出演経験がある中島広稀。竜一のことが大好きな彼女・西村真紀役に元SKE48メンバーの木本花音。オカルト好きな飯田夏樹役にはドラマ『架空OL日記』などに出演していた佐藤玲。そして、医大を目指して13浪中の山本大地役は、ドラマ『わたし、定時で帰ります。』、映画『旅のおわり世界のはじまり』など数々の作品に出演している個性派俳優の柄本時生が演じる。

玉城ティナ コメント

今回この『ドラマ甲子園』に携わる事ができて、とっても嬉しいです。
現在撮影中ですが、伊藤監督の細やかで純粋な演出と『受験』と『ゾンビ』という今まで組み合わさった事のないであろう世界観にわくわくしながら、キャストスタッフ一丸となってこの作品を作り上げています。

監督の作品に対する気持ち、熱意を汲み取って映像の中で最大限表現できるように頑張ります!

今まさに受験を控えている方も、そうじゃない方もお楽しみに。

第6回「ドラマ甲子園」大賞受賞作品『受験ゾンビ』

タイトル:第6回「ドラマ甲子園」大賞受賞作品『受験ゾンビ』
放送チャンネル:CS放送フジテレビTWO ドラマ・アニメ/フジテレビTWOsmart
放送日時:2019年10月20日(日)23時~24時
放送回数:全1話

<スタッフ>
監督・脚本:伊藤佑里香
製作:加藤浩輔
プロデュース:鹿内 植
プロデューサー:後藤妙子(バンエイト)
制作著作:フジテレビ

あらすじ

受験勉強で忙しい夏休みも後半に差し掛かったある日、文化祭の準備で学校に集まったあかり(玉城ティナ)、玄(坂東龍汰)、瀬那(堀田真由)、匠(望月歩)。

一方、補習に来た交際中の竜一(中島広稀)と真紀(木本花音)は、医大を目指して13浪中の山本(柄本時生)がフラフラと歩いている姿を見たと言う。

が、さほど気にすることもなく準備にかかっていると、ゾンビ化した山本が学校内の生徒、先生を襲い始める。

パニックに包まれる学校。

仲間たちが一人、また一人とゾンビに襲われる中、徐々に明かされていく高校生たちのリアルな悩み、コンプレックス、秘密。それぞれが受験に対して抱えていた本当の思い。

そして、ラストは玄が見たあかりの秘密によって全てが明かされる・・・。

『受験ゾンビ』メイキング番組

放送チャンネル:CS放送フジテレビTWO ドラマ・アニメ/フジテレビTWOsmart
放送日時:9月20日(金)23時30分~24時 ※随時リピート放送あり。 

内容:18歳の監督がこの夏挑むドラマの撮影現場&そしてキャストインタビューと盛りだくさん!どのように『受験ゾンビ』という作品が出来あがっていくか完全密着!!

「ドラマ甲子園」企画趣旨

高校時代は一番感受性が高く、クリエイト能力が花開く時期。テレビドラマでも、映画でも、演出家は脚本が書けてこそ、演出能力を発揮できる。
そこで、CS放送フジテレビONE/TWO/NEXTでは、演出家の才能発掘のため、2014年から「ドラマ甲子園」を立ち上げた。

年1回、全国の高校生に広く呼びかけ、1時間のドラマ脚本を募集。大賞に選ばれた脚本は、執筆者本人の演出で、プロのスタッフがサポートし、プロの俳優たちの出演でテレビドラマとして制作。
CS放送フジテレビTWO ドラマ・アニメ(フジテレビTWOsmartでも配信予定)で放送する。

10代の若い感性と、時代の空気を反映するビビッドな感覚が織りなすドラマは、大きな反響を呼ぶことだろう。
これは、単なる映像フェスティバルではなく、脚本コンペティションを経て演出もする、「ディレクター虎の穴」である。