<ライブレポ>爆風スランプで初めて武道館公演を行ったメモリアルDAYに、サンプラザ中野くんがワンマンライブを開催! 来年春にミニアルバムリリース決定!

ミュージックアミューズ, ライブ, ライブハウス, 渋谷


24時間テレビのマラソンゴール付近になると必ずと言って掛かる「Runner」、そして切ないバラードで日本武道館の象徴を歌詞に込めた「大きな玉ねぎの下で」でお馴染みの爆風スランプが初めて武道館公演を行った1985年12月13日(金)。

この12月13日(金)のメモリアルDAYにサンプラザ中野くんが、渋谷CHELSEA HOTELでワンマンライブを開催した。
満員の観客の前で2時間、34年前のライブと同じセットリストで全21曲を披露した。

またアンコールでは、サンプラザ中野くん名義で3枚目となるミニアルバムを来年の春に発売することを発表した。

サンプラザ中野くん Style #5「突撃!チェルシーホテル’19」

日時:2019年12月13日(金)開場18:30 / 開演19:00
会場:渋谷CHELSEA HOTEL
出演者:
サンプラザ中野くん(Vo)/パッパラー河合(Gt)/まみむめもっちー(Ba)
肉野バンバンジー(Dr)/ジミー岩崎(Key)

オフィシャルレポート

会場が暗転すると、初武道館公演当時のSEが流れサンプラザ中野くん、パッパラー河合らが登場すると客席からは大歓声が。
オープニング定番曲『えらいこっちゃ』『来たぜ!!』と懐かしのナンバーでライブを繰り広げていく。

「今日は爆風スランプが初めて武道館でライブをした12月13日の金曜日から34年!34年ぶりの12月13日金曜日!今日は当時のセトリを再現をしまーす!」と話すと客席からは待ってましたとばかりの大歓声。
『せたがやたがやせ』『びっくりミルク』『青雲』とたたみかけた後は、34年ぶりの披露となるパッパラー河合のギターソロ曲『オータム』が幻想的な照明の下演奏された。

パッパラー河合(Gt)

会場が興奮で満たされる中、中盤の『たいやきやいた』の前には白のテールコートに着替え、たい焼の被りものをして登場し客席を沸かせた。
『おしゃれな東京タワー』、『うわさに、なりたい』といった熱いロックソングを続けた後の『よい』では、パッパラー河合が水を頭から被るといった当時を彷彿させるパフォーマンスも披露した。
爆風スランプのデビューシングル『週刊東京「少女A」』では歌詞を「渋谷」「CHELSEA HOTEL」と替え、会場を大いに盛り上げた。『嗚呼!武道館』、『無理だ!!決定盤(YOU CAN NOT DO THAT)』とパンキッシュな楽曲を満員の観客とともに熱唱。
そして、最後に『大きな玉ねぎの下で(令和元年Ver)』披露して本編を閉じた。アンコールは、今月8日に開催されたJALホノルルマラソンの大会オフィシャルソングとして書き下ろし、現地ホノルルで演奏した『ホノルル♡ラブラン』を日本初披露。ラストナンバーは、『Runner(平成30年 Ver.)』。
最後まで力強い歌声を響かせたサンプラザ中野くんは来年の春に、サンプラザ中野くん名義で3枚目となるミニアルバムを発売することを発表し、ライブの幕を閉じた。

セットリスト

えらいこっちゃ
来たぜ!!
せたがやたがやせ
びっくりミルク
青雲
オータム ※メンバー捌ける
青春りっしんべん
The Good Bye
涙の陸上部
女の道
美人天国
たいやきやいた
おしゃれな東京タワー
うわさに、なりたい
よい
週刊東京「少女A」
嗚呼!武道館
無理だ!決定版(YOU CAN NOT DO THAT)
大きな玉ねぎの下で(令和元年 Ver)

【EN】
ホノルル♡ラブラン
Runner(平成30年 Ver)

LINKS

<「ホノルル♡ラブラン」配信URL>
https://amuse-inc.lnk.to/20191023

<「大きな玉ねぎの下で(令和元年 Ver.)」MV>

サンプラザ中野くんオフィシャルHP
http://www.spnakanokun.com/

サンプラザ中野くんTwitter
https://twitter.com/spnk