『I ROCKS 2020』も開催決定!史上初4日間開催も大盛況で全日程終了!ロックフェス『I ROCKS 2019 stand by LACCO TOWER』

今年で6回目となるLACCO TOWER主催のロックフェス『I ROCKS 2019 stand by LACCO TOWER』は、5月12日(日)・6月7日(金)・8日(土)・9日(日)と群馬音楽センター(高崎市)にて開催された。

史上初の4日間開催にもかかわらず、昨年と同じく全日程SOLD OUTという快挙を成し遂げ、計4日間で7000人を動員するなど、過去最大の盛り上がりを見せ、大盛況のうちに幕を下ろした。盟友SUPER BEAVERとの2マンを皮切りに幕を開けた『I ROCKS 2019』。
全31組となる出演アーティストの素晴らしいステージはもちろんのこと、他のフェスにはないI ROCKS特有の暖かくて優しい空気が4日間を通して終始会場中に広がり、老若男女幅広い層からなる来場者の笑顔を絶やすことがなかった。最終日の6月9日、出演アーティスト、来場者からの愛を受け取り大トリとしてステージに登場したLACCO TOWERは、さらに大きな愛で包み込むような圧巻のステージを展開し、超満員の会場を感動の渦に巻き込んだ。
そして、アンコールではリーダーであるBa.塩﨑啓示より、来年の『I ROCKS 2020』の開催が堂々と宣言し、今年の『I ROCKS 2019』を終えた。

LACCO TOWER Ba./ 塩﨑啓示 コメント

6年目にして初めての4日間の開催。
出演してくれたアーティストを始め、I ROCKSを支えてくださった数えきれない皆さん、そしてI ROCKSを愛し続けてくれたあなたがいてくれたからこそ、今年も最幸の空間を創り上げることができました。

SUPER BEAVERとの2マンを終えてからの1ヶ月、今までに感じたことのなかった喪失感に襲われていました。
大事な「家族」を傷つけまいと、どこかで自分を責め続けていました。
3日間の天気予報が、まるで自分の心を映すかのようだと感じ、自問自答しながら迎えた6月7日。
降水確率100%が並んでいた予報が、みるみると変わり、太陽が現れました。まさに”奇跡”だ、と思いました。

そして、I ROCKS 2019の開幕。
目の前には、盟友たちが感情メーターが振り切れるほどの想いたっぷりのライブ、言葉では言い表せないほどの最高の笑顔を浮かべる皆さんの姿がありました。
温かく、眩しく、そして誇らしく。この光景こそ、I ROCKSを続けてこられた最大の意味だと実感しました。

4日間を終えた今、不安に駆られていたことが嘘のように笑顔の自分がいます。
皆さんの「家」を守る一人であるとともに、ここは自分の「家」でもあります。

奇跡の瞬間ってあっという間に終わってしまうから、また見たくなるし、だからまた作りたい。
この4日間で改めて気が付いた強い絆を胸に、みんなの愛が詰まったこの家を大切に守り続けたい。

これが今の僕の答えです。“僕らはロックでできている”
終わりは始まり。僕たちは新しい一歩を踏み出します。

家に帰ってきてくれて、本当にありがとう。
いってらっしゃい。

次はI ROCKS 2020で会いましょう。