<ライブレポ>来年ブレイク間違いなし!4人組男性ボーカルユニット「スナッグス」がクリスマスファンミーティングを開催

ソロアーティストとしての活動も展開している男性アーティスト4名(写真左から)橋場万寿男、SEIICHI、杉田ゆういちろう、そしてリーダーの桑原健次で構成される男性ボーカルユニット「Snugs(スナッグス)」

2018年4月より本格的に活動を開始し、同年9月には渋谷TAKE OFF7にてワンマンライブがソールドアウトになるなど、活動半年間で250名動員のワンマンライブを含む3回の単独公演を成功させ、精力的にライブを行っている。

12月某日、池袋でストリートライブを行っていた彼らに出くわし、その歌声に魅了され、直撃取材を慣行。
後日、イベントがあるとの事で、潜入取材を行った。

普段はライブハウスやストリートでカッコイイ姿を披露している4人だが、この日はSnugsのファンを集めて、自身初めてのファンミーティングを開催。
サンタクロースやトナカイなどのコスチュームに着替え、いつもとは違う一面を魅せて、これまでの応援に対する恩返しを行っていた。

そして2019年3月には、新宿ReNYにて700名動員を掲げ、グループ最大規模のワンマンライブ成功を目指して日夜励んでいる彼ら。
今回のファンミーティングはあくまで感謝祭の内容になっているが、ジャラスでは今後のライブについても追ってレポートを行い、素晴らしい歌声を披露している姿をお届けする予定だ。

今年結成したばかりとは思えないほどの団結力とパフォーマンスは、来年には早くもブレイクをするであろうと予感出来る。
今から目を付けておいた方がよいアーティストであるのは、間違いないだろう。

Snugs ワンマンライブ2019春


日時:2019年3月28日(木)18:00 OPEN/19:00 START
会場:新宿ReNY
チケット:前売:1000円(Drink別)、当日:2000円(Drink別)

1.e+にてチケット購入(整理番号順):購入ページ
2.ライブ会場にて、メンバーよりチケット購入(整理番号順)
3.TIGETにて取り置き予約(整理番号順):購入ページ
4.メンバー取り置き予約(整理番号順)
5.当日券(当日整列順)

Snugs クリスマスファンミーティング

日時:2018年12月22日(土)12:00 OPEN/12:30 START
会場:渋谷ROTT

Snugs 質問コーナー

4人の出会いについて

■橋場万寿男の場合

橋場)僕の初めての出会いは、今年の2月の終わり位に初めてお客さんの前でライブをしまして、その時に健次君とゆういちろうが違うユニットを組んでいて、それで同じライブに出演してて。
僕は「凄いなこの人たち」って思っていたら、ライブの終わり際に健次君と挨拶をして「凄い声量ですね」って言われたんですよ。

後日、Instagramで健次君からメッセージが届いて「この前共演した健次です。今度ご飯に行きませんか?」ってお誘いがあって、なんか怪しいなと思ったんですけど、それでカフェに行ってお話をして、その後にカラオケに行ったんですよね。
それでまた後日、ゆういちろうと健次君が居るカフェに行って、初めてゆういちろうと話をしたんです。
それまでもSEIICHIとは全く会えていなくて、Snugsを結成しますよって言う時にSEIICHIとやっと会えて、みんなで初めてミーティングをした所が、サイゼリアでしたよね?
SEIICHIはその時にマスクをしていて、クールな感じだったんですよ。

杉田)おまえ、なに気取ってるんだよ!

SEIICHI)違う違う!人見知りだから。橋場)今はこうだけど、初めて見た時は「あれ?この人と合うのかな?」って思ってまして。

SEIICHI)それはみんな思ってたんですか?

桑原)クールだったよな。

SEIICHI)初耳ですね。嫌われてたんですね。

橋場)(笑)可愛いヤツだったんだなって。
それが初めての出会いですね。今年の3月とかの話です。

桑原)前のフライヤーがあったじゃない。ピンク色の。あの写真を撮った日が初めて会った日?

橋場)違うな。

桑原)その前に1回会ってるのか。じゃあ2回目位か。

橋場)2回目です。

桑原)初期のフライヤーは、みんなと全然コミュニケーションがとれてないですから。

■杉田ゆういちろうの場合杉田)僕は健次君と一緒にグループをを組んでて、そしたらまったく別口で話が来て。
健次君に「実はこういう話があって」って話したら、健次君も「え、俺も」って言われて、「健次君も?」みたいになって。

桑原)マジでビックリした!

杉田)当時はまったくやる気が無かったんですけど、なんかフィーリングでなんか良いかもってね。

桑原)カッコつけてるよ。

SEIICHI)ね

杉田)そういうこと言うなー■SEIICHIの場合
SEIICHI)俺は一人で活動してる時に、マネージャーから声を掛けて頂いて、3人と合流したって感じです。
特にストーリーはない。

杉田)合流したっておまえ!

SEIICHI)俺が入る時にはメンバーが確定してたから。

桑原)じゃあ、やるぞってなって色々と考えたの?

SEIICHI)めっちゃ考えましたね。
まずは、メンバーがどんな奴かと、だからTwitterを見漁って。

桑原)マスも見たでしょ?

橋場)見ましたよ!

SEIICHI)(橋場の)歌をメッチャ聞いたもん!上手いのかって。

橋場)メンバーに決まったのって、俺が最後ですよね?

桑原)そうだよ。

橋場)メンバーって誰なんだろうって。
ゆういちろうは、最初めちゃくちゃスカしててたんすよ。
写真、ホントに!桑原)写真はこんな感じです。(と3人でモノマネ)橋場)ゆういちろうが、その時にソロで路上ライブとかをやってて、YouTubeにゆういちろうの名前が結構出てたんですよ。
健次君は、動画を見漁ってもあまりやっていないから、情報が出てこなくて、でも健次君とは話したし、ああいう歌なんだなって。
ゆういちろうはさ、もう歌い慣れてるみたいな。
自分はゆういちろうのことを先輩だと思ってたんですよ。その雰囲気が。
会ってみたらめちゃくちゃカワイイ奴で。

桑原)やっぱり見たんだ。

SEIICHI)めっちゃ見ましたね。
でもやっぱり、ゆういちろうが一番印象的ですね。
「活動してま~す」みたいな。

■桑原健次の場合
桑原)たぶん僕がゆういちろうと同じくらいに決まってて、すべてを知ってますね結成当初から。
話を貰って、最初はグループをやるっていうザックリとしたイメージしか無くて、メンバーについてはポツポツと名前を聞いていて。

2回目の話し合いで『杉田ゆういちろう』って名前が出て、「えー!ゆういちろうっすか?」驚いて、ゆういちろうに聞いたら、やっぱり話を聞いていて。
僕とゆういちろうはその時にバンドを組んでいたんですけど、2人で話したね「どうするんですか?」って。
ゆういちろうは熱い気持ちを見せてくれて、僕もそろそろ本気になれる場所が欲しいなと思っていて、やらせてもらいました。

そしたら、SEIICHIが入ってきて、グループは4人でやりたいと思っていたので、僕とゆういちろうとマッスーが同じスクールに通っていたので、マッスーの事はそのスクールのライブで見たんですけど。
マッスーの事はすごくこびりついていたので、「歌うたいのバラッド」を1曲だけ歌ってたんですけど、リハの時点でブワーってうるさくて(笑)
それが印象に残ってて、しかもこれが初ステージって事はヤバイなって思って。

怪しまれる事を覚悟でインスタでフォローして、メッセージを送って会って。
その時はカラオケに行く予定もなかったんですよ。
いきなり会ってユニットに誘っても絶対に来てくれないじゃないですか。
だからカラオケに行って、その帰りに伝えようか迷ってて、カラオケに行った時はまだ言ってなかったんですよ。
ユニットをやりたいから呼んだっていうのを。

それで帰り道に「実はこういう話があって」って。
マッスーがどういうビジョンを描いているか分からないから「俺はマッスーに入ってもらいたいって思っているので、正式に頼んだ時には返事を下さい」って伝えて、マッスー自身で決めてもらったんですよね。

杉田)昨日の事のように覚えてるわ。

桑原)俺とゆういちろうは、元々知り合いですけど、この4人がと言うのは偶然が集まってって感じだよね。

杉田)奇跡!

桑原)いまだから言える話で、この4人になる前には候補の人が何人か居たんですけど、結局流れ流れてこの4人が揃いました。
この4人が揃って良かったですよ!

SEIICHI)お~!

クリスマスの思い出

杉田)クリスマスに彼女と別れたんで、東京湾にペアリングをバーンって投げてやりました!桑原)こいつ、色んなものを投げつけるんだよ。

SEIICHI)テレビの見過ぎですね。

桑原)あははは。冷静にツッコんでる。
俺、クリスマスの思い出あるかなー?

杉田)絶対あるって!だって健次君、切ない思い出が絶対にありますよ。

桑原)僕ね、切ないシリーズいっぱい持ってるんで、今度聞きに来てください。
僕の人生の切ない思い出をあげるだけで映画3本撮れます。
クリスマスの思い出は無いから、ディズニーランドの話をしようか。

杉田)あ、いいですよ。面白いから!

桑原)僕が中3の時に三重県に住んでて、卒業旅行でディズニーランドに行ったんですよ。
仲良しグループで深夜バスに乗って行ったんですけど、女の子2人、男は5人かな。
僕はその片方の女の子の事が好きだったんです。
もう卒業した後で高校も別の学校に行くので、どうしようかなって思ってたんです。
僕はめちゃくちゃチキンな野郎なんですよ。
告白なんて出来ないし、友達にも好きな子が居るって教えないんですよ。
それが伝わってしまうのが嫌だから。

SEIICHI)フフフ

桑原)フフフじゃねーよ!
でも、どうにか告白しようと思って。自分を変えないとアカンと思って。
この旅行中のどこかで告白しようと思ってたんですね。

それでバスに乗り込んですぐに男友達が「ちょっと話したい事があるんだよね」って言い出したんですよ。

会場)え~(悲鳴)

桑原)早い早い、悲鳴が!(笑)
その友達が話し出して「実はさ、俺さ、付き合ったんだ!」って。

SEIICHI)えーーーっ!

会場)(悲鳴)

桑原)えー!ってなるやん。
そもそも、俺が告白して付き合おうとしてたのに、この旅行の中で早くも「付き合ったイベント」が出ちゃったから、俺もその流れに乗っかっちゃってる奴になるやん。
「誰と付き合ったん?」って聞いたら、俺の好きな子じゃない方と付き合ったらしいのよ。会場)お~(安堵)

桑原)まだセーフ!
「あ、そうなんや。おめでとう」ってなるけど、その旅行中はこの話題で持ち切りな訳よ。
だから告白するかどうかめちゃくちゃ考えてて。

ディズニーランドに着いても、付き合ってたからといってもみんなの絡みは変わらなくて、みんなで楽しく過ごしてましたよ。
そして夜になってきて、シンデレラ城で花火が上がると。
シンデレラ城の前の広場でみんなで見てたんですよ。
花火が上がりはじめて気が付いたんですけど、自分の周りにみんな居ると思ってたら、隣に好きな子がいて、他のみんなは前の方にいたんですよ。

会場)キャー(悲鳴)

SEIICHI)ここしかないじゃん!

杉田)いけー!

桑原)今でもドキドキする。
ほんと、ゆういちろうの言う通りで、俺いくしかないでしょって思ったんですよ。
今みたいに、喋ったり出来る人間じゃなかったので、女の子に「花火きれいだね」なんて話してたんですけど、、、(沈黙)

(ゆういちろう、SEIICHI、橋場が固唾を飲んで次の言葉を待ってると)

桑原)俺は「お前ら何してるんだよ~」って言って、前に居る仲間に自分が駆け寄っちゃったんですよ。

会場)えー!(悲鳴)

SEIICHI)えー!

杉田)なんでー!橋場)うーっわ!

桑原)ヤバイでしょ。ヤバイね。
マジで嫌い、そういう男。

杉田)お前だー!

桑原)好きな子が隣に居たのに、シチュエーションが出来過ぎてて。
後日談やけど、その子は自分のことが好きだったらしいんよ。

杉田)うわっ!

SEIICHI)えーーーっ!もうバカじゃん!

会場)えー!(悲鳴)

橋場)何それ?

桑原)ほんまアカンよな。
だからみんな、思いは伝えた方がいい!
こういう話でした。

スナッグスの未来について

SEIICHI)1年後ですら、だいぶ違うと思いますよ。
だって、まだ1年やってないで、この形でしょ。

橋場)そやな、このまま進めたらの話やな。

SEIICHI)東京ドームとかやってるかもしれない。

桑原)早くない?(笑)
めちゃくちゃ順調やん。人生イージーやん。

SEIICHI)順風満帆ってやつ(笑)

杉田)俺はZEPP東京でやりたいんだ。

桑原)いいね、ZEPPとかでやりたいね。

SEIICHI)5年後は結構色々と出来るんじゃないですか?

桑原)5年後は、俺の中で理想はあるよ。
俺が音楽活動をしていく中で、絶対に叶えたい事がひとつあるんですよ。
僕は「FNS歌謡祭」に出たいんです。
音楽人しかいないあの場所で披露出来るのがすごい羨ましいんですよ。
お客さんを呼べるのは出来るじゃないですか。
でも、あの名立たるレジェンド達の前で、レジェンド達と一緒に音楽の時間を過ごす事、そしてコラボするじゃん。したいのよ!
だから5年後は出たいね、FNS歌謡祭。

ジェスチャーゲーム

答え:スカイツリー

取り調べをしている橋場。
答え:警察官

答え:車を運転する

答え:自撮りとキメ顔

桑原「鬼ごっこ」
橋場「正解!」

スペシャルライブ

橋場)ライブハウスでは僕たちオリジナル曲しか歌わないのですが、今日はback numberさんの「クリスマスソング」を歌わせてもらいます。

M1. クリスマスソング from back number桑原)最後は、僕らが12月5日に出したCDより「LOVE」です。
この曲は元々ゆういちろうがソロで歌っていた歌で、それをSnugs用にリアレンジして、Snugsで歌わせてもらっています。

杉田)大切な人に送る歌です。
サビの部分が、いまの僕たちがみんなに対する思いをそのまま歌っているような曲でして、いまのSnugsにはピッタリの曲になっております。

桑原)僕たちが日頃活動出来ているのは、こうして皆さんが来てくれるからなんです。
ありきたりの言葉に聞こえるかもしれないですけど、本当にそうなんです。
僕たちの事を応援してくれる皆さんが居るから、僕たちは歌えています。
本当にありがとうございます。

今年も間もなく終わってしまいますが、来年3月28日のワンマンライブに向けて、そしてそれ以降も、僕らの事を応援してもらえたらなっていう思いで歌っています。
なのでどうか、今後ともSnugsをよろしくお願いいたします。

M2. LOVE桑原)今日は本当にお越しいただきまして、ありがとうございました!

一同)以上、僕たちSnugsでした。メリークリスマス!

Snugs LINKS

Official Site:https://snugs.localinfo.jp/
Instagram:snugs_official
Twitter:@Snugs_official

桑原健次 LINKS

Twitter:@kuwabaracchi
YouTube:桑原健次channel

SEIICHI LINKS

Instagram:seiichi4333
Twitter:@seichichi_0313

杉田ゆういちろう LINKS

Instagram:0421_ys
Twitter:@0421_ys

橋場万寿男 LINKS

Instagram:masuo1012
Twitter:@m_1012_h