31日は皆既月食×ブルームーン!21時51分~23時8分に注視せよ!ウェザーニュースが生中継

© Weathernews Inc.

1月31日に起こる皆既月食は、ブルームーン(1ヶ月の中で2度の満月を迎える2回目の満月を指す)と重なる大変珍しい現象です。

前回日本で見ることが出来た3年前の2015年4月4日は、たった12分間しかありませんでした。

しかし!
今回の皆既月食は、31日20時48分から部分月食が始まり、皆既食は21時51分~23時8分の「1時間17分」もあり、とても見ごたえのあるものになります。

寒さ厳しい季節ではありますが、空を見上げて実際に体験してみてください。

太平洋側は晴れて観測に好条件!


31日夜は、冬型の気圧配置となり、太平洋側ほど観測のチャンスがあります。
関東や東海、四国の太平洋側は、一時的に雲が邪魔をする可能性がありますが、月食の観測に期待ができそうです。

一方、日本海側は雪雲が広がりやすく、観測が難しい予想です。
ただ、日本海側でも、札幌周辺は比較的雲が流れ込みにくいため、一時的に月食を見ることができるかもしれません。

また、九州や奄美は、前線の影響で雨雲が段々と広がってくる予想なので、早めの時間帯ほど観測チャンスがありそうです。

天体観測をする際は、寒さ対策を万全にしてお楽しみください。

※本予報は24日時点のものです。
最新のマップはアプリ「ウェザーニュースタッチ」の『星空 Ch.』、またはウェザーニュースのウェブサイト「皆既月食2018.1.31」(https://weathernews.jp/s/star/lunareclipse/)にて更新しますので、随時ご確認ください。

皆既月食は1時間以上観測できる!

皆既月食は、月が地球の影に完全に隠されて、赤黒く変色した満月が見える天体ショーです。
地球の影の奥深くまで入り込むことから、皆既食の間は月の色の変化にも注目です。

20時48分 部分食の始め
21時51分 皆既食の始め
22時29分 食の最大
23時08分 皆既食の終わり
24時11分 部分食の終わり

次回、日本全国で皆既月食の全行程(部分食の始め~皆既食~部分食の終わり)を見ることができるのは「2022年11月8日」となります。

寒いのが苦手な方や、曇って見られない方は動画生中継をご覧ください!

ウェザーニューズでは、皆既月食の様子を31日夜(20時15分~23時15分)に特別番組として、ハワイ島ワイコロアと北海道陸別町銀河の森天文台から生中継を行います。

番組は、ウェザーニュースのウェブサイトの他、ニコニコ生放送、YouTube Live、LINE LIVE、Periscope、FRESH!など各種動画サイトでご覧いただけます。

YouTube Live

ニコニコ生放送

LINE LIVE

FRESH!

Facebook Live

これで安心(^^♪部分月食と皆既月食の開始をプッシュ通知でお知らせ

スマホアプリ「ウェザーニュースタッチ」で展開する「ソラミッション」にて、専用通知サービスの登録を開始しました。

『【予告】皆既月食リポートを募集』で“速報を受け取る”をONにした方には、31日の部分食と皆既食の開始をプッシュ通知でお知らせします。

皆既月食とブルームーンが重なる貴重な機会ですので、見逃さないようぜひご登録ください。
 
 
 
 
 
 
 


アプリ「ウェザーニュースタッチ」の「花粉Ch.」オープン!日本最大級の花粉観測網で症状にあった対策と予想飛散量を通知<ウェザーニュース>

2018.01.24

初日の出まであと何分?雲と地形を考慮した"いま居る場所"の初日の出時刻予想を「ウェザーニュースタッチ」で提供<ウェザーニューズ>

2017.12.26

日本初!ウェザーニューズ独自の気象・海象観測衛星「WNISAT-1R」がGNSS-Rデータ取得成功!世界でも3番目の快挙

2017.12.26

双子ダンス「まこみな」と双子ユニット「りかりこ」が、ふたご座流星群番組に出演!今年は月明かり弱く観測は好条件<ウェザーニュース>

2017.12.13

10月4日「中秋の名月」、全国的に晴れて絶好のお月見日和に!<ウェザーニュース>

2017.10.04

<そら博2017インタビュー>報道ステーション「喜田勝さん」&朝生ワイド す・またん!「木島由利香さん」

2017.08.18

<そら博2017インタビュー>イベント総合プロデューサーの村田泰謁さん(村P)にそら博2017について聞きました

2017.08.13

<イベントレポート>ウェザーニューズ主催「そら博 -SORA EXPO 2017-」@幕張メッセ

2017.08.06