<昭和記念公園>圧巻の花畑!180万本のシャーレーポピーの真っ赤なじゅうたん&ネモフィラ

シリーズ「お出掛けした気分♪」

2017年5月20日(土)AM。
全国各地で真夏日や猛暑日を記録し、とても暑かった。

立川市にある国営昭和記念公園のシャーレーポピーが見頃を迎えるとの情報を得て参上。
砂川口駐車場から歩いてすぐのところに「花の丘」があり、そこには真っ赤な景色が広がっていた。

シャーレーポピーの花畑

11,000㎡の広大な敷地「花の丘」には、180万本のシャーレーポピーが見事に咲いていました。
何処からどうみても圧巻の一言。
赤に交じって白・ピンクの花も咲いており、アクセントとしてとても栄えています。

シャーレーポピーとは

南ヨーロッパ原産のヒナゲシの園芸品種で、豪快な八重や清楚な一重、花色は紅色、ピンク、白などもあります。

日本で栽培されたり野生化している花は大きく分けて、ヒナゲシ(シャーレーポピー)、オニゲシ(オリエンタルポピー)、アイスランドポピーの3種類です。

最近道端によくみられる橙色のケシは、ヒナゲシの帰化種のナガミヒナゲシです。
(園内掲示板より)
秋にはコスモス畑になるようです。

お車でシャーレーポピーを見られる方は

砂川口駐車場をご利用になられると大変便利です。徒歩5分程度で「花の丘」に到着します。
昭和記念公園はとてつもなく広大で、別の駐車場から「花の丘」に向かう場合、徒歩で30分以上は掛かってしまいます。

原っぱ西花畑のミックスフラワー

カリフォルニアポピー、リナリア、ヤグルマギク、カスミソウがたくさん咲いていました。

もみじ橋付近のネモフィラ

見頃を終えていたとは言え、まだまだキレイに咲いてます!
幼稚園の遠足でしょうか、ここで記念写真の撮影をしてました。
この週末をもって、ネモフィラは刈り取ってしまうそう。
最後の雄姿を見ることが出来て良かったです。

森のくまさんのように・・・

♪ある日 公園の中 メタリックチワワに出会った すたこらサッサッサーのサー!

ドラムやベースの音が遠くから聞こえている。
そして、姿は見えど可愛くもパワーのある歌声も聞こえてきた。
どんなバンドなんだろうとライブ会場に行ってみると、、、

<街の唄い人>昭和記念公園で出会った「メタリック・チワワ」は凄かった

2017.05.23

国営昭和記念公園のご案内

開園時間

3/1~10/31 → 9:30~17:00
11/1~2/末日 → 9:30~16:30
4/1~9/30の土・日・祝 → 9:30~18:00

休園日

年末年始(12/31・1/1)
2月の第4月曜日とその翌日

入園料

大人(15歳以上) → 410円
小人(小・中学生) → 80円
シルバー(65歳以上) → 210円
年間パスポートもあります。

電車でのアクセス

■JR中央線・立川駅 → 「あけぼの口」へ徒歩約10分
■JR青梅線・西立川駅 → 「西立川口」へ徒歩約2分
■JR青梅線・東中神駅 → 「昭島口」へ徒歩約10分
■多摩都市モノレール・立川北駅 → 「あけぼの口」へ徒歩約8分
■西武拝島線・武蔵砂川駅 → 「砂川口」へ徒歩約20分

車・バイクでのアクセス

中央自動車道国立府中ICより8km
立川口、西立川口、砂川口の3ヶ所に駐車場があります。
営業時間は公園の開園時間と同じです。

駐車料金

車種 料金
一般 年間パスポート提示
普通車 820円 720円
原付・自動二輪車 260円 210円

駐車場収容台数

駐車場 普通車 原付・自動二輪車 障がい者等用
砂川口 431台 18台 6台
立川口 1,755台 70台 20台
西立川口 345台 40台 6台