阪神・淡路大震災から22年。1月17日と19日にウェザーニュースの24時間生放送「SOLiVE24」内で特別番組放送決定

1995年(平成7年)1月17日に発生した兵庫県南部地震「阪神・淡路大震災」
あれから今年で22年が経ちます。

ウェザーニュースでは、スマートフォンアプリ「ウェザーニュースタッチ」のアンケート機能「ソラミッション」を使用して、”阪神・淡路大震災の当時の被害経験を知る人が何処にどれだけ居るか”を調査。

その結果などを含め、17日と19日に「ソライブムーン番組内」で阪神淡路大震災から学ぶ事をあらためて特集し放送を行う。

imgp1550(左)番組を担当する松雪彩花キャスター
(右)減災担当の宇野沢達也 気象予報士

写真:ウェザーニュース主催イベントより「やってみよう!身近な減災」ブース

 
 

17日(火)20:00-23:00 ソライブムーン番組内

震災の記憶を残すため建てられた「人と防災未来センター」の主任研究員 荒木裕子さんへの取材内容を放送

19日(木)20:00-23:00 ソライブムーン番組内

阪神淡路大震災から22年を経て、今後の減災を番組視聴者と深く掘り下げていく内容を放送予定

※:放送当日の天候等により番組内容が変更する場合があります。

番組配信プラットフォーム

【ニコニコ生放送】 http://ch.nicovideo.jp/weathernews
【YouTube Live】 https://www.youtube.com/user/weathernews
【LINE LIVE】 https://live.line.me/channels/659
【FRESH!】 https://freshlive.tv/weathernews