今年は条件揃い踏み!1月3日夜「しぶんぎ座流星群」を生中継<ウェザーニュース>

© Weathernews Inc.

株式会社ウェザーニューズ(本社:千葉市美浜区、代表取締役社長:草開千仁)は、ペルセウス座流星群、ふたご座流星群と並んで三大流星群のひとつである「しぶんぎ座流星群」の観測を楽しんでいただくため、新年1月3日夜の全国の天気傾向を発表しました。
「しぶんぎ座流星群」は、活動が活発な時間が数時間と短いため、出現のピークの予想と実際に観測できる時間帯が合わない年が多いですが、今年のピークは3日23時頃とされ、1時間あたりの流星数は最大35個程度と、良い条件で流星観測を楽しめます。

ウェザーニューズでは、3日夜に「しぶんぎ座流星群」の様子を24時間生放送のお天気番組「SOLiVE24」の流星特別番組にて全国7ヶ所から生中継します。
番組は、ウェザーニュースのウェブサイトの他、ニコニコ生放送、YouTube Live、LINE LIVE、Periscope、FRESH!、Facebookライブ動画など各種動画サイトでご覧いただけます。
また、中継で捉えた流星の動画が3分以内にスマホに届く通知サービス“流星キャッチャー”に登録しておくと、悪天でも極寒でも、暖かな室内で気軽に天体ショーをお楽しみいただけます。

日本は最高の観測エリアに

■時間がドンピシャ → 今年のピークは1月3日23時頃!
■月明りがドンピシャ → 深夜になると月が沈みます!
■放射点がドンピシャ → 月が沈むと共に放射点が昇ってきます!
この条件が揃っている日本は「しぶんぎ座流星群」の観測に最も適したエリアと言えるでしょう。

1月3日12時から放送のSOLiVE24「コーヒータイム」内で永井友理気象予報士は、しぶんぎ座流星群見えるかなマップで難しいと色付けしている北陸エリアだが、富山県東部と新潟県上越地方を除いて夜の早い時間帯では雲の隙間から見られるチャンスがあるのではないかとコメントしている。

1時間あたり最大35個程度

1月4日3時の放射点の位置(東京) (c)Weathernews Inc.

1月4日3時の放射点の位置(東京)
(c)Weathernews Inc.

流星数は1時間あたり最大35個程度と、天気の良い太平洋側では好条件で流星観測を楽しめます。
観測に適した時間は、放射点が高く昇る時間も考慮すると、3日23時~4日未明です。

観測に適した時間で流星生中継を実施

3日夜に24時間生放送のお天気番組「SOLiVE24」にて「SOLiVEスター しぶんぎ座流星群特別番組」を放送し、全国7ヶ所から生中継します。
第一部は21時からスマホ視聴者向けのタテ型動画による番組、第二部は22時から流星特別番組をお送りします。
番組は、ウェザーニュースのウェブサイトの他、ニコニコ生放送、YouTube Live、LINE LIVE、Periscope、FRESH!、Facebookライブ動画など各種動画サイトでご覧いただけます。

▼第一部:タテ型動画(21~23時) ※配信はYouTube Live、LINE LIVE、Periscopeのみ
【YouTube Live】 https://www.youtube.com/watch?v=_j79hSDtCBs
【LINE LIVE】 https://live.line.me/channels/659/upcoming/394668

▼第二部:流星特別番組(22~25時/LINE LIVEのみ23~25時)
【ニコニコ生放送】 http://live.nicovideo.jp/watch/lv285913282
【YouTube Live】 https://www.youtube.com/watch?v=mH6BEI1CA-k
【LINE LIVE】 https://live.line.me/channels/659/upcoming/394698
【FRESH!】 https://freshlive.tv/weathernews/72328

暖かな室内で気軽に天体観測「流星キャッチャー」

「流星キャッチャー」登録画面 (c)Weathernews Inc.

「流星キャッチャー」登録画面
(c)Weathernews Inc.

「流星キャッチャー」は中継で捉えた流星の動画が3分以内にスマホにプッシュ通知で届くサービスで、スマホアプリ「ウェザーニュースタッチ」の『星空 Ch.』から登録できます。

「しぶんぎ座流星群」の流星特別番組の時間帯(3日21~25時)は、ウェザーニューズのスタッフが全国7ヶ所の流星中継をモニタリングし、流星が確認されると同時に動画を編集して、登録している方のスマホにプッシュ通知でお届けします。

プッシュ通知から開いた画面では、流星の動画をすぐにご覧いただけ、悪天でも極寒でも、暖かな室内で気軽に天体ショーをお楽しみいただけます。
 
 

[13日AM更新版]今年は大ピンチ!?「ふたご座流星群」13日夜に国内6ヶ所&台湾より生中継!-ウェザーニュース

2016.12.13