<地球ゴージャス旗揚げ25周年記念インタビュー>第3部「劇団SET、そして個人の思い」

岸谷五朗・寺脇康文 インタビュー第3部「劇団SET、そして個人の思い」

今年5月の熱海五郎一座で、VOL.6「KARTE(カルテ)」に出演されていた高島礼子さんが制作発表の際に、地球ゴージャスのエピソードを話すと、三宅さんが「地球ゴージャス?もうレベルが違う!センスはこっちの方が上、上!岸谷と寺脇でしょ?全然!全然!」とコメントして会場を沸かしていました。
ここ最近になって、三宅さんからお二人の名前が聞こえるようになったなと感じるのですが、感想はいかがですか?

<制作発表>三宅裕司「地球ゴージャス?岸谷と寺脇でしょ?センスはこっちの方が上!」熱海五郎一座『翔べないスペースマンと危険なシナリオ~ギャグマゲドンmission~』5月より上演

2019.03.12
岸谷)今回のSET本公演のチラシにも名前が書かれてて、俺らが「方向性の違いから辞めた」って三宅さんのコメントに出てて、地球ゴージャスの公演にも何回か観に来ていただいているんだけど、三宅さんが思っているものとゴージャスの舞台は「違うんだな」って思っているのかもしれないね。

それはね、25年経って芝居が大きく違っているんだよね。
俺たちは劇団が大好きだったけど、違うやり方をしたら演劇というものがもっと深くなると考えていて、それには劇団組織ではないなっていう理由。
それが二人ぼっちのユニットだったんだけど、それでどんどん走り出していったことが今に繋がっているんだと思うんだよね。

お客様の期待もそうだし、動員数も含めて。
だからそれはそれで何が正しいか分からないけど、必然的にそうなったんだと思うんだよね。

寺脇)演劇に関してだけは自分たちを誤魔化してはいけないっていう思いが二人にはあったから、ステージに立っているのに100%納得していない事があってはいけない世界だと思っていて。

三宅さんとか劇団に腹を立てている訳ではまったく無くて、逆に腹を立てているのはそこで不満を持っている自分たちに対してというのがあって、「こんな思いのまま舞台に立って良いのか、俺たちは!」っていうところから、芝居をするのであれば自分たちで全ての責任をとるべきなんじゃないのって。

それが成功するか失敗するか分からないけど、僕らの思い通りにやった結果が失敗だったとしても良いんじゃないのと。
僕らがやりたかったのはこれだよねっていう思いでやれるのであれば、そっちの方がいいんじゃないかな。

だから大好きな劇団を辞めるのはすごく迷ったけど、でも自分たちを誤魔化すことは出来なかった。
100%じゃなかったらやってはいけない世界というか、そんな思いだね。

僕らにもよく言ってもらえる言葉があって「本当に楽しそうにやってますね」って言われるんだけど、でも本当に楽しいから!
それは苦しんだ上での楽しさだけど、だけど苦しさも含めて楽しいから。
楽チンだけでは楽しいと思わないしね。

苦しんで精一杯やっての楽しさは、それが出来ているからこそ、今でも続けているし、三宅さんも僕らが失敗していたら名前なんても出してもらえないだろうから、名前を出してもらえるのは僕らも認めてもらっているのかなって気がします。

話しが変わりますが、いま劇団SETの中にお二人がやられていた「SET隊」を継承して「おSET隊」という女の子三人で活動されているのはご存知ですか?

寺脇)小倉(久寛)さんが俺に相談してきたのね。「SET隊」の名前を使っていいかって。
どうぞどうぞ、って。
「五朗にも言っておいてくれる?」って言うから「わかりました」って。

岸谷)「SET隊」って寺ちゃんが付けたんだよ、名前。
番組の前説をやってたから、接待をもじって。
お客さんを接待する意味も込めて「SET隊」って。

これ、(三谷)悦代姉さんと、杉野なつ美さんと、おぐち(えりこ)でやったらいいのに(笑)

寺脇)「おせっかい」ってね(笑)

左から木下桜、安川里奈、山城屋理紗

<ライブレポ>劇団SET小倉久寛プロデュースのおSET隊が、劇団スーパーエキセントリックシアター山崎大輔プレゼンツ 「まほろ座 おSET隊ライブ おもてなしミュージカル」開催

2019.08.19

寺脇さんは外部公演にも多数出演されていますが、いち出演者として、地球ゴージャスはどのように写りますか?

寺脇)発想として逆になっていて。
ホームのゴージャスがあって、そこには僕らの理想形がある。

五朗が本を書いて、僕は五朗にとって最高の役者で居たいという思いがあるので、ものすごい失礼な言い方とすると、ゴージャス以外に出演するのは舞台感を絶やさないためで、ゴージャスで最高の芝居をするために舞台の生の感覚を維持している。

外部で出演するのももちろん全力でやってますし、やってるけど感覚としては舞台感を絶やさないためかな。
だって、ゴージャスは2年に1回しかやらないからね。
その分、俺は舞台役者としての力を維持する努力をしている。

だから、いち出演者としてゴージャスを見ることはなく、いち出演者として外部公演を見ているかな。寺脇)普段自分の家でご飯を食べてて、ある時に友達の家でご飯を食べた時に「へぇ!ひとの家のご飯ってこんなになってるのか」って気がつくことがあるでしょ。

岸谷)カレーの味が違うのよ!

2人)(爆笑)

逆に岸谷さんは外部で演出されているものの、外部公演に出演されてない理由はあるのでしょうか?

岸谷)なんだろうね。
何も決めていないんだけど、自分の中でガシッと交わるものがないんだよね。
「俺は外部出演はしません」なんて誓ってないんだけど。
海外作品とかで俺にオファーが来た時は、演出も一緒にやってるのかもしれないね。
演出もやって翻訳も自分でやって出演する、そこまでやってになっちゃうのかな。

例えばキンキーブーツは、まったく出ようとは思ってなかったけど、やっぱり脚本を書いて日本側の演出に立つ。
演劇=作るものになっていってるのかもしれないな。

すごく大きい役の話をいただいたりするんだけど、タイミングとか感覚とかで出来てないんだな。



<地球ゴージャス旗揚げ25周年記念インタビュー>観客動員100万人突破&800回を超える公演数も「別に数字に思い入れはない。800通りの芝居をやって800回みんなに楽しんでもらったっていうことかな」次作『星の大地に降る涙 THE MUSICAL』についても熱く語る

2019.10.11

<地球ゴージャス>新田真剣佑の舞台初主演作。時の犠牲者となった青年が覚醒めた!新演出版キャストたちが結集した1分36秒のプロモーション映像が解禁!

2019.09.02

新田真剣佑が舞台初主演!岸谷五朗・寺脇康文の「地球ゴージャス」次回作『星の大地に降る涙 THE MUSICAL』ついに全キャスト及び公演詳細発表!主題歌は引き続きEXILE「愛すべき未来へ」

2019.07.18

岸谷五朗・寺脇康文が主宰する演劇ユニット「地球ゴージャス」結成25周年を祝し、あの名作が蘇る!全キャスト刷新『星の大地に降る涙 THE MUSICAL』主題歌はEXILE「愛すべき未来へ」

2019.03.25

<制作発表>三宅裕司「地球ゴージャス?岸谷と寺脇でしょ?センスはこっちの方が上!」熱海五郎一座『翔べないスペースマンと危険なシナリオ~ギャグマゲドンmission~』5月より上演

2019.03.12

<ライブレポ>まもなく3億円!「Act Against AIDS」から「Act Against Anthing」へ!僕たちは続けます!Act Against AIDS 2018「THE VARIETY 26」~遂に!俳優だけの武道館ライブ!!…大丈夫なのか~~!?

2018.12.02

<岸谷五朗・寺脇康文インタビュー>岸谷「やってきたことは無駄ではなかった。だから今年も開催出来る、開催する、しなきゃいけない、って繋がっていく感じかな。」岸谷五朗と寺脇康文が考えるAct Against AIDS(アクト・アゲインスト・エイズ)「THE VARIETY」(ザ・バラエティー)

2018.11.13

WキャストxW特典映像のDVD4枚組豪華版!岸谷五朗と寺脇康文が主宰する演劇ユニット「地球ゴージャス」最新作『ZEROTOPIA』2019年1月23日発売決定!

2018.11.09

<ゲネプロレポ>藤林美沙プロデュース「CHARGE LIVE vol.25『OUT』」

2018.09.18

開幕まであと1ヵ月!地球ゴージャスプロデュース公演Vol.15『ZEROTOPIA』岸谷五朗&寺脇康文「Wゴローでお楽しみに!」<公開稽古>

2018.03.09

<イベントレポ>岸谷五朗「本当に素敵なメンバーが集まってくれた」、地球ゴージャス プロデュース公演Vol.15「ZEROTOPIA」制作発表

2017.12.06

Act Against AIDS 2017「THE VARIETY 25」岸谷五朗も寺脇康文も三浦春馬も大黒摩季もピコ太郎もふなっしーも高橋優も西川貴教もみんなでコラボ!

2017.12.02

【AAA2016】岸谷五朗&岸谷香 初共演、三浦春馬&小池徹平 大熱唱、大黒摩季 総立ち「ら・ら・ら」

2016.12.03